本文&フジマキな日々(出雲旅行&新年祝賀の儀)

2017年01月10日

    20170110 358_R

(本文)付録「フジマキな日々」は下の方にあります。

 

1.現在のマーケット&今後のマーケット

現在の為替マーケットは米国の長期金利に連動して動いている。長期金利が上昇するとドル高円安で、下がればドル安円高だ。「プロフィットテークのせいだ」とか「日本の株価が下がったから円高になった」「日本の株価が上がったから円安になった」などと解説する人もいるが、マーケット全体を見ていない。そもそも日本株が下落するとなぜ円が上昇するのか?原因と結果を間違えている。

日本の長期金利はほぼ安定しているから米国の長期金利が上昇すれば日米金利差が開く。だからドル高/円安だ。下がれば日米金利差が縮小し、ドル安/円高が進む。ドル高/円安になれば日本の景気は良くなり、インフレになっていくから日本株は上がる。極めて単純な図式だ。

1月6日ドル/円が115円台前半まで下がったのは上昇が続いていた米国10年債利回りが2.35%まで下落したからだ。米国労働統計の後、米国10年債利回は2.42%まで戻ってきている。昨年12月15日につけた2.63%には簡単に戻っていくだろう。そうなれば120円を超えたドル高になっていくのではなかろうか?

そして更なる米金利上昇でドル高は進むだろう。

 

2.昨晩のNY市場の動き

と書いたのが昨日(1月9日(月)の昼間、今朝(1月10日)起きたら$/\は116円を割っていた。

円が避難通貨だとかいろいろな解説が、この動きは、ひとえに米国債利回りが5BP(1BP=0.01%)低下し、2.36%になったからだ。$/\はまさに米国長期債利回りに連動している。今後、米国長期金利は再上昇していくだろう。ましてやこれ以上の長期金利低下には限度がある。したがって私は相変わらずドル高/円安を予想する。そして円安が進行してCPIが 2%に近づけば円は暴落だ(そのロジックはいつも書いている通り)

 

3.昨年最後の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

昨年最後の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」は「日銀は長期金利をコントロールできるか?」というタイトルです。

今回はyahooニュースに載ったのでそちらでお読みください。全文読めます。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161229-00000083-sasahi-bus_all

 

4.サンデー毎日新年合併号

昨年最後のプロパガンダにも書かせて頂いたが、サンデー毎日新年合併号では元毎日新聞の論説委員長の倉重さんが4ページに渡って私とのインタビュー記事を書いてくださった。

冒頭の書き出しは、2017年日本経済はどうなるか。アベノミクスの進展いかに?  指南役は藤巻健史氏(66)にお願いすることにした。

世界経済がトランプ相場となったためである。トランプ次期米大統領と彼が選んだウォールストリート出身の経済閣僚たちが、まだ何も仕事をしていないにもかかわらず、相場を動かし始めている。つまり、17年経済はマーケットがわかる人物でないと先が読めない。

藤巻氏は世界の強欲マーケットを相手に勝負を重ね、モルガン銀行東京支店長としてその読み筋で15連勝した記録を持つ伝説のディーラー。この3年間、参院議員(日本維新の会)として政治の世界もウオッチ、安倍晋三首相以下永田町の問題解決能力にも接してきた。彼に聞くに如(し)かず、ではなかろうか」 で最後の締めは「日本経済を活性化させるはずの看板政策が、その目標を達成した時、実はその破綻の入り口に立たされることになるという恐るべき逆説。伝説の人の予測に妙な説得力を感じるのは私だけであろうか。いずれにせよ、17年日本経済は予断を許さぬ展開になりそうだ」で少しお尻がむずかしい気がしないでもないですが、以下の「サンデー毎日」の公式ページから全文を読めますのでよろしくお願いします。

http://mainichi.jp/sunday/articles/20161227/org/00m/200/002000d

 

5.International economyの記事

世界的な経済の雑誌International economyに夏号に続き、冬号にも寄稿を頼まれました。今回は「What new tools should the central bank community consider? Or has monetary policy been perceived too much as some kind of magical pill? To what extent should other factors, including fiscal and regulatory reforms, come into play?」

という問いかけでした。ハーバード大等の欧米の著名大学の教授陣、チリ中央銀行の元総裁、オーストリア元財務大臣、ECBのボードメンバー、OECDの重鎮、米元労働省長官、為替では有名なジム・オニール(私がモルガン時代よく意見がぶつかった)、そして日本からは私と立教大学のAndrew Dewitk教授が寄稿しています。私は「弊害の多い非伝統的金融政策」などいらない。伝統的な金融政策(景気が悪ければ金利を下げ、過熱すれば金利を引き上げる)に固着すべきだと書きました。マイナス0.1%は効かなくてもマイナス10%の金利は効くはずだと書いたのです。私の主張はP24にあります。20170110 003_R 20170110 004_R

Attached is a PDF of the piece which you should feel free to distribute.ということで、この記事の部分配布してもよいとの編集者の許可があるのでここに添付します。(私の主張はP24です)→ PDFはこちら

 

 (付録)フジマキな日々

 

(↓年末近所の和食屋「さとう」)

20170110 002_R

1.謹賀新年 

明けましておめでとうございます。  平成29年元旦

先日JPモルガン時代の部下たち数人とミニ忘年会をやりました。

ナカガワ君いわく「藤巻さんの参議院議員会館の部屋にお邪魔したら、大きな本棚に自分の本しか並んでいなかった。『こりゃ駄目だ。相変わらず人の意見聞かないんだ』と思いましたね~」「皆、歳とりましたね。髪の毛の量を含め、大きく変わった。変わらないのは藤巻さんの主張ぐらいですかね。あ、あと藤巻さんお部屋の汚さ。これも『変わらないな~』と思いました」

今年は少しは人の意見を聴き、柔軟な主張をし、部屋をきれいにしたいと思います。

藤巻健史

 

2.出雲での骨休め

Day1

次男ヒロシが突然年末に1日半の休みが取れたため(正月は出勤)、急遽1泊の旅行を決めた。とはいうものの、どの温泉地もこの時期は一杯。唯一、島根と鳥取の旅館が空いているのをアヤコが発見。出雲空国から車で15分の「湯の川温泉(島根県)」の草庵に決めた。

14:20 羽田発JAL283便(青森からの到着が遅れ、50分遅れの15時に出発)。20170110 007_R

空港でレンタカーを借りて17時過ぎに旅館に入る。温泉を満喫した後、夕食。蟹を別注。20170110 012_R  20170110 013_R

20170110 044_R      Day2

夜明け前から出発までに温泉に5度は入る。石造りの贅沢な湯船だった。お湯も豊富。20170110 063_R

10時旅館発。

11:20-12:10 船で松江城のお堀である堀川めぐり。

20170110 087_R20170110 086_R20170110 076_R13;00-14:30 前夜予約を取った魚山亭@境港で1人蟹1杯ずつの蟹御膳。

地元のお客さんであふれている店で、2度目の訪問。足が1本欠けた蟹で東京など他地域には出荷できない蟹を安価で食することが出来る。これで1年分の蟹を食べた気分。

弘に後の運転も託し、超久しぶりに昼からビール(三井信託ロンドン支店時代の昼は「本日は、クイック1パイント」などと言いながら連日ビールだった)

(↓ これが1人前で4500円のコース。殻を足元のバケツに捨てながら食べる。ワイルド。)20170110 136_R 20170110 137_R 近くの水産物直売センターに立ち寄る。正月用品を買おうとするお客さんで溢れ活気があった。蟹はもちろんだが、1尾3万9千円のぶりは圧巻だった20170110 143_R

20170110 152_R20170110 151_R16:00―17:00 出雲大社。夕方のせいで混んでおらず神秘感も出て。いい雰囲気だった。大社も正月用準備で忙しそうだった。三井信託の取締役人事部長だった岡垣さん(奥様は私が人事部付(留学生)の時にお世話になった人事課勤務の旧姓大石さん)が営んでいるお土産屋さんに立ち寄る。20170110 190_R 20170110 197_R 20170110 163_R

17:15-旧出雲大社駅に立ち寄る。空港へ戻る途中の夕日が綺麗だった。20170110 207_R20170110 219_R

18:55出雲空港発JAL4602便で帰京。20170110 226_R

21時過ぎに帰宅したが、弘は小学校時代の友人と飲みにまた出かけた。若者は元気だ。

 

3.藤巻たけしの1週間

2017年1月1日(日・元旦)

8:00にアヤコを着物の着付けのためにホテルオークラに届ける。

10:00 長男けんたの運転でアヤコをpick upした後、皇居へ。新年参賀。

20170110 268_R

20170110 265_R20170110 285_R   (↓近所の郡夫人・郡夫人お母様と)20170110 286_R帰宅後、昼寝をした後、週刊朝日のストオク用原稿を2つ書く。

1月2日(月)

箱根の駅伝を見ながら週刊朝日のストック用原稿を3つ書く。

18:30に麻布10番の中華料理屋・冨麗華でデザイナーの佐藤さん(有名なWやラケットが2本クロスしたウインブルドンのロゴマークを作った人)夫婦、歯科医師の若林先生夫婦と我が夫婦そして次男ヒロシが加わって会食(ヒロシは診察が終わった後、直接立川から駆けつけた)ただ電話があれば、病院に駆けつけねばならず、酒が飲めずにかわいそうだった。20170110 303_R

佐藤先生は若林先生の長年の患者さん、私どもの愛娘故クーのトレーナーが若林さんの奥様という関係だったので本日の会食となった次第。楽しく酔った。

1月3日(火)

10:00-11:30  テニスはじめ。

12:30―14:00  芝公園セレスティンホテル前で駅伝の青学(家内アヤコの出身校)を応援。毎年アヤコのゼミ教官の鵜沢先生(学長も勤められた。大学は私の一橋大の先輩)を中心にこの場で応援をする。ご高齢のため鵜沢先生は去年からご出席されないので、後でアヤコがゼミ生たちの集合写真をお送りした。青学、万歳!!

(↓青学)20170110 320_R

(↓大東文化大)20170110 349_R (日大・国士舘大等4校の争い)20170110 351_R   20170110 314_R

20170110 355_R(↑青学卒でもないのに図々しく真ん中にいる私。いつもこのくらいの図々しさがあるといいのだが。肝心な時になるとすぐ、こそこそ隠れてしまう)

ちなみに1年ほど前だったか、青学陸上部の合宿所風景がテレビで出た。皆、食前に両手を合わせて(神式?仏式?)「頂きます」とやっていた。DSC09791_R礼儀正しくて好感が持てた。た、だ、し、君たち、プロテスタントの学校にいるんじゃなかったけ?プロテスタントのお祈りは、(↓)DSC09792_Rなんだと思ったけど(笑い)

帰宅してからは一所懸命年賀状の返事書き。

1月4日(水)

5:00から9:00まで年賀状の返事を書いてから、議員会館へ。誰もいないかと思いきや、他の議員の秘書の人達が何人かいた。議員の代わりの年賀廻りだそうだ。私は明日の千葉日報の新年会以外、どこも廻らないが議員たるもの、そんな人はいないようだ。それがもっとも国会議員らしからぬ国会議員といわれるゆえんだ。

1日中、残務整理と会社の支払調書の作成等。

7時過ぎに帰宅してから近所のバーで酒と食事。

 

1月5日(木)

5:00-8:00 年賀状返事書き、東京維新の会マニュフェストつくりの勉強他

9:30   千葉に向かって電車で出発。電車の中ではメールの返事等。

11:30-12:30  千葉日報新年会出席。非常に多くの国会議員(20人~30人はいただろうか?)が出席していたのに驚く。20170110 366_R

14:00-19:00 議員会館に戻る。郵便物処理他残務整理、会社決算等。

「なでしこ御用帳」(宇江佐真理)読了

 

1月6日(金)

1日中、議員会館で雑務。なにせ1月20日に通常国会が始まると言うので、会社決算、個人の確定申告他、プライベートマターを近日中にすべて終わらせなければならないので焦っている。

19:00帰宅し、近所の魚屋さんに。

 

1月7日(土)

9:00-12:00 テニス。2勝1分け。

15:00-22:00 一寝入りしてから1月10日締め切りの月刊「先見経済」の原稿を書き始める。4ページ分5600字。

 

1月8日(日)

5:00-8:00 「先見経済」の原稿書き。

8:30  習志野市谷津に向かって車で出発。地元秘書の市瀬さん(元JTB社員)宅へ。市瀬さんの車に乗り替え、陸上自衛隊習志駐屯地での第1空挺団の降下訓練始め(11:00-12:30)を見学に。20170110 368_R

(↑ 習志野在住の元日銀理事山本謙三さん、赤羽さん(元松屋勤務)と秘書の市瀬さんと)

隊員の方がたの訓練成果に感心し大いに敬意を表したい。しかし今年は寒かった。体が冷え切った。隊員たちはより大変だったろう。

20170110 457_R 20170110 452_R 20170110 468_R 20170110 472_R  20170110 374_R 20170110 411_R 20170110 423_R  20170110 484_R20170110 416_R

15:00 帰宅し、「先見経済」の原稿書き続き。

18:00-21:00 東京教育大付属時代のテニス仲間の小林夫婦、冨田夫婦とクラスメートの鈴木純夫と新年会@ミツフジダイニング 渋谷。旧友との飲み会は気兼ねしないので最高だ。20170110 521_R  1月9日(月・成人の日祭日)

予想通り雨でテニスは出来なかったので1日、家にこもる。(昼は近所のラーメン屋へアヤコと)

14:00-15:40 大学ラクビーTV観戦。

17:00-18:00  大相撲TV観戦

あとは「先見経済」の原稿完成。推敲後送付。週刊朝日原稿一つ完成。プロパガンダ書き。東京維新マニュフェスト関係勉強、メール返信他。