本文&フジマキな日々(大阪講演)

2017年02月14日

 

20170214 017_R(本文)付録「フジマキな日々」は下の方にあります。

1. 通貨安の必要性

この30年間の経済停滞の最大の理由は円高だと私は主張し続けてきた。
しかし、そのたびに「企業が海外進出しているのだから、もはや円安など必要ない」「輸入品価格が上昇し国民の生活が苦しくなる」「弱い通貨を望むなどは非国民だ」など反対論が噴出した。
一方、トランプ氏は「ドル高(自国通貨高)が問題だ」と一貫して主張している。景気浮揚のためには自国通貨安がいかに必要なのかを熟知しているのだ。
トランプ氏の言動を見て私の主張が正しいと理解してくれる政治家や識者が増えることを望む。庶民派ぶって「円安で輸入物価が高くなると国民の生活が大変だ」などと主張していると、日本は沈没してしまう。 いまさら手遅れかもしれないが。

 

2.ブルムバーグ記事(年内1㌦=124円?)

トランプ氏が自国通貨安(ドル安)を望んでいても「望みがかなうか?」となると話は別だ。実力より弱すぎるドルを更に弱くするのは大統領でも無理だ(反対<弱すぎるドルを強くするのは>は可能)。

ところで2月10日 10:57 JSTに発信されたブルムバークの記事に(ドル/\相場のレベル以外は)全く同意だ。私は年内のドル/円相場は1ドル=124円ぽっちでは済まないと思う。次元の違うドル高/円安だと思っている。

「(前略)

為替相場に関するトランプ政権の発言について、シティグループのチーフエコノミスト、ウィレム・ブイター氏はこう評価した。

(中略)

外国為替取引で世界首位のシティグループは、ドルが今年上昇すると予想する。

(中略)

ブイター氏は『トランプ政権がドル安誘導を試みてどれほど激しく揺さぶりをかけても、市場が米国でのかなりの規模の刺激策と一層の金融引き締めを想定しているのなら、ドル相場は短期的にふらつくかもしれないにせよ、他の主要国通貨に対して1つの方向にしか進まない。それは上昇だ』と語った。

シティはドルが年内に対円で1ドル=124円に上昇し、対ユーロでは等価を超えると予想している。

ブイター氏はトランプ氏について、『為替相場の経済学の基礎をおさらいするのがよいだろう』と指摘。世界の他の国々や地域が引き続き概して金融緩和のモードにあり、米国では拡張的な財政政策と金融の引き締めが見込まれる中で、『自国通貨下落の想定はできないはずだ』と話した。」

 

3.為替については日米の財務大臣間での議論

麻生太郎副総理・財務相は10日、ホワイトハウスでペンス米副大統領と会談した、一方日米首脳会議の後の質疑応答で、安倍首相はNHK記者の質問に対し「為替については、専門家たる日米の財務大臣間で厳密な議論を継続させていくことになりました」と述べた。トランプ氏と安倍首相ならば、双方とも為替に対して素人だろうが、財務大臣間となると先方はゴールドマンサックス出身者のプロ中のプロだ。ゴールドマンの専門家集団もバックにばっちりついているだろう。麻生大臣は実務経験があるとはいえ長い間、政治家だ。もしムニューチン氏が、議会承認を経て財務長官に就任し、麻生大臣の交渉相手がペンス副大統領から彼に変わったら交渉は大変かも。「異次元の量的緩和の即時停止」を言われたら日本経済は一巻の終わりで財政破綻である。

 

4.先週の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

先週の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」は「トランプ米大統領の“口撃”、円は危険通貨に」というタイトルで 以下の内容です

「(前略)

しかし1月31日の日本への『円安誘導批判』には身構えた。

2月1日付朝日新聞は『トランプ氏、金融緩和批判』の見出しの記事で、

<他国は、通貨やマネーサープラス、通貨の切り下げを利用し、我々を出し抜いている(中略)日本がこの数年でやってきたことをみてみろ。彼らは金融市場を利用している。>との発言を伝えた。これを受け、急激に円高が進み、一時は昨年11月30日以来の円高ドル安水準の112・08円をつけた。

私が身構えた理由は、トランプ氏の思い通りに領の意思通りに円高が進むと思ったからではない。

(中略)

トランプ氏が、異次元の量的緩和中止を本気で求めるならば、日本の緊急事態発生だ。トヨタ問題どころの騒ぎではない。

私は今まで、以下のようなシナリオを考えていた。

日米金利差の拡大で、ドル高/円安が進行。消費者物価指数(CPI)の上昇率2%も実現する。

すると『公約達成だから量的緩和を辞める』と言う日銀と、『継続せよ』という政府が対立する。やめると政府は資金繰りに窮するため、日銀は政府に屈して紙幣を刷り続ける。最後はハイパーインフレ到来の到来―――。

ところがトランプ氏は、その「すぐにやめろ」と言いだした。政府は新発債と借換債で計150兆円の国債を発行し、120兆円分を日銀が『異次元の量的緩和』と称して買っている。市場の8割をおさえている日銀が買わないと、市場は大崩れ、長期金利は暴騰する。利回り何十%もの国債を発行して予算を組めないため、財政は破綻の危機に陥る。

だから、政府は『異次元の量的緩和はデフレ脱却対策と言いながら、実は政府の資金繰り対策なのです。やめられません』と正直に伝え、批判取り下げを乞うしかないだろう。説得できないと資金繰り倒産の危機となるから、必死のはずだ。ただ、トランプ氏は納得しないだろう。

安倍首相は2月」1日の衆院予算委員会で「米国も我々がやった政策と同じ政策をやった」と答弁した。

FRB(米連邦準備制度理事会)は、資産規模がGDP(国内総生産)の24%の段階でテーパリング(量的金融緩和縮小)を始めた。日銀はGDPに匹敵する巨額な規模になっても、なお続けている。

トランプ発言直後に、円が買われたが、私は市場の反応を『のんきだな~』と感じた。トランプ氏を説得できないと、円の大暴落もありうる。資金繰り倒産する国の通貨など、だれも欲しがらない。円は今や『危険通貨』になっている。」

 

 (付録)フジマキな日々

 

1.反省

参議院 国民生活・経済に関する調査会で3名の参考人の方々が意見表明をされた。うち一人が元三菱UFJモルガン・スタンレー証券・証券市場調査部長・理事を経て現在法政大学の教授をされている水野和夫さんだった.水野さんが書いた「資本主義の終焉と歴史の危機」がバカ売れしたからご存知の方も多いだろう。

会議後、水野さんからご挨拶をいただいた。

「お久しぶりです。藤巻さんがいらっしゃるとお聞きしたので緊張しましたよ」

そこに国民生活・経済に関する調査会会長の川田議員(民進党)が会話に加わってきた。水野さんが川田委員長に向かっていわく

「株、国債、為替の世界では藤巻さんは大御所ですから、知らない人なんていないですよ」

それに答えて川田議員いわく

「そうですか?国会の中ではそうは認識されていないみたいですね~。麻生さんなんか、無視するふりしていますよ」

いや~、私の実力の至らなさです、申し訳ありません(でも麻生大臣からは、すごく煙たがられていると思います)。そこで水野さんに「金融界のためにも日本のためにもがんばってください」と励まされた。

がんばります。いや~、昨今の金融情勢を鑑みるに、日本経済のために必死でがんばらなくては!

政治の世界に入る前は政治家が全く私の主張(財政危機説、円安必要論、資産インフレ必要論など)に耳を傾けてくれなかった。

しかし最近は多くの政治家が、私の書いたもの(本、雑誌)や、国会での発言に耳を傾けてくれるようになったと感じる。国会質問でも私の本の内容をパクっているなと思うことも多い。(どんどんパクっていただきたい)他の政治家の考え方に影響を与えるようになったことが、私が政治の世界に入ってよかった点だ。私一人では(経済・金融に関して)世の中を変えるのは難しいが、多くの政治家が納得してくれるようになれば話は違うだろう。

 

2.藤巻たけしの1週間

 

2月8日(水)

午前中プロパガンダ書き他雑務

12:50-13:00         参議院 国民生活・経済に関する調査会 理事会

13:00-16:00         参議院 国民生活・経済に関する調査会20180208.2 001_R

(15:30-15:45) 藤巻健史質問20180208.2 004_R 20180208.2 007_R

16:00      わが社のPC管理をしてくれている担当者の交代ご挨拶

(↓右から前任の堀木さん・私・これから担当してくれる前田さん・秘書アベ)FullSizeRender

堀木さん、とても優秀でした。ありがとうございました。

 

2月9日(木)

午前中日本維新の会幹部への報告、確定申告準備等

14:00-14:20   日本維新の会 議員立法提出20170214 003_R

15:30-16:00   日本維新の会 憲法改正調査会

16:00-16:30   財務省 大官官房文書課長 来所

17:00-18:00   日本維新の会 部会長ヒアリング 日印原子力協定について20170214 007_R

18:10-19:30   東京維新の会 マニフェスト作り20170214 010_R

20170214 011_R2月10日(金)

9:50-10:00    日本維新の会 議員総会20170214 014_R

10:00-10:10   参議院 本会議

10:30-11:00   財務省主税局 文書課長 来所

帰宅し雑務、東京維新の会マニュフェストチェック 確定申告準備等

 

2月11日(土)

東京維新の会マニフェストチェック、メール返信等

関が原の雪が怖いので8:00過ぎに自宅を出て大阪へ、

新幹線の中ではプロパガンダ書き、メール返事 Eメールの整理他

(↓車内からの景色 最近はいつも大阪に行くときに雪が降る・・・)20170214 019_R (↓大阪駅前でスケートリンクを発見)20170214 025_R

雪のため約30分遅延で新大阪到着

13:00-14;00  (株)プレサンスコーポレーション主催の講演会で講演@グランフロント大阪「アベノミクスと今後の日本経済の行方」聴衆110名20170214 026_R 20170214 035_R

ANAクラウンプラザホテル泊

プロパガンダ書き。ホテルで映画「サバイバー」視聴。

 

2月12日(日)

党幹部へのメール書き、プロパガンダ書き。メール返信等雑務。

プールで泳いでから12:00にホテル・チェックアウト

13:00-14;00  (株)プレサンスコーポレーション主催の講演会で講演2日目@グランフロント大阪「アベノミクスと今後の日本経済の行方」聴衆100名20170214 030_R 20170214 040_R

14:46発のぞみ372号で帰京。新幹線内では週刊朝日原稿、党幹部へのメール書き

(↓車内から見える富士山)20170214 061_R

17:45 帰宅