本文&フジマキな日々(決起集会)

2017年05月18日

20170518 046_R(本文)付録「フジマキな日々」は下の方にあります。

 

1.ドル円の動き
昨日のNY市場でドル円が110円台に突っ込んだ。トランプ疑惑との解説があるが、疑惑の結果、資金逃避で米国国債に金が流れ込み、米国長期金利(10年物)が10BPと大幅下落して2.23%になったのが直接の原因だ。1時2.6%台(3月13日 10年米国債 2.62%、ドル円=113.28)まで上昇していた米国債10年物金利が2.23%と40BPも下がった(1BPとは0.01%)のだからドル円の下落は仕方がない。
政治リスクが喧伝されると米国債に資金が逃げ込んでいるようだ。ドル円はあいかわらず米国長期金利の動きと非常に強い相関性がある。
しかしながら、私の長い市場での経験からすると、マーケットは政治ではそうは動かない。政治で動いたマーケットはすぐ戻る。一時的なものだ。政治が経済実態に即座に大きな影響を与えることは少ないからだ。もちろん長い時間がたてば大きく変わるだろうが、短期ではまれだ、原点から角度10度の直線と角度13度の直線を引いたときの差と同じだ。当初、差は少ないが時間がたつと大きくなる。 政治と経済実態の関係はそういうもの。
米国経済は強い。FRBは今年あと2回、来年3回、再来年3回の利上げを自ら予想している。そうするとFFレートは2.75%~3.0%になる。そのとき、米国10年債利回りが2.3%くらいで低迷しているわけがない。4%くらいか?
日銀は金利を引き上げる手段がない(出口が無い)
日米金利差はますます開く。円安ドル高を予想する。

2. 英国CPI 
英国のCPIが前年同月比2.7%上昇したというニュースを昨日朝やっていた。
NHKTVでは「主としてポンド安のせいだ」と言っていたが、「主として」ではなく「ポンド安のせい」に尽きる。昨年11月に英国中央銀行が今年のCPI予想を2.0%から2.7%に引き上げた。唯一の理由がポンド安の進行。そのとおりの動きになっている。
これは日本でも同じ。円安が進めば、いとも簡単に日銀目標のCPI2%は達成される。その時、政府と日銀のバトルが始まる。

3.「竜巻近づいているが、隠れ場所ない」
ブルムバーグの記事に「北欧最大のプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社、スウェーデンのEQTパートナーズは、市場の大変動が近づいていると予測し、その影響から資産を保護するために最も安定した業界に目を向けている」というのがあった(5月8日付)。CEOのトマス・フォンコッホが「中央銀行がバランスシート縮小に動く必要があるほか、政治的なリスクが高まる状況となっており、市場はかなり大きな衝撃に向かっているように見える」と発言したそうだ。「竜巻警報が出ており、われわれは米中西部のプレーリーにいる。その襲来に備える必要がある」と語ったそうだ。うまい表現だが、 他の国が竜巻に襲われるのならば、日本市場は巨大な隕石がぶつかるほどの衝撃だろう。政権はなんと能天気なのだろう。

4.黒田日銀総裁の強気発言
黒田日銀総裁が昨日(5月16日に)米紙ウォールストリート・ジャーナルが都内で開いたイベントで「誰が次の総裁になっても、うまく対応できる」と強気の発言をされた。「異次元の量的緩和」からの出口があるということだ。「うまく対応できる」と言っても体育会の根性論ではあるまいしーー。
それでは、と私は本日(5月18日)、参議院財政金融委員会で岩田副総裁に、本当に出口があるのか、具体的な数字をあてはめて聞いた。会議録は後日、掲載する。午前中の答弁だが、すでにロイターが記事にしている。この岩田副総裁の答弁に対して「詭弁である」と反発しておいた。副総裁の回答は明らかにおかしいからだ(私に言わせると苦し紛れである)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000054-reut-bus_all

5.先週の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」
先週の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」は「働き方改革を進めるため、必要な事は」というタイトルで 以下の内容です。
「モルガン銀行東京支店長の在職時、ニューヨーク本店に1年間転勤していた部下が帰国したときのこと。「藤巻さんが昼に2時間泳いで夕方5時に退社すること、ニューヨークでも有名でみな知ってましたよ」と報告された。「へー、ばれているんだ。誰から聞いたの」「マイクです」「げっ、直属のボスー!やばい」
私は「会社に時間を売っているのではない。利益を売っている」とうそぶいていたが、米銀勤務だったからこその言葉だろう。
★  ★
安倍政権が、残業時間の上限規制や同一労働同一賃金を掲げ、働き方改革を進めている。前進だとは思うが、モルガンで15年間、欧米人の働き方を見てきた身からすれば、まだ小粒の改革に思えてならない。
一般的に欧米の金融マンは太く短い職業人生をめざす。短期間猛烈に働き、若くしてリタイアし、ためたお金で第二の人生を堪能する。それが理想のようだ。
モルガン会長だったサンディ・ワォーナーは46歳で社長になった。当時、彼より年上の幹部は少なかった。みな、若くして第二の職業人生へと歩むからだ。
モルガンの為替資金部長経験者たちは退職後、「土に戻る」人が多かった。
ワイン用のぶどう農場経営など、農業関係の仕事をする。一時は社長候補といわれたマーカスー・マイヤー氏は若くして引退した直後には世界中に家を6軒持ち、順番にまわっていた。
まさに世界を股にかけた国際金融マンの引退後らしい。出生地スイスに1軒の家を持ち、半分が自分の写真用スタジオ、半分が夫人のコーヒーショップ。夫人の地元ケンタッキーに綿花農場を買い、農場での経営会議があるとアメリカへと飛ぶ。イタリアのタスカニー地方ではオリーブを植え、油を採取していた。
所得税の累進カープが急でないから、こうした「太くて短い」職業人生が可能だったと思う。日本のように累進カープがきついと、猛烈に働いても不可能だろう。いっときに多額の収入を得ても、税の支払いで手元に残らないからだ。日本では「細くて長い」職業人生しか選択できない。
欧米人の金融マンは、若いうちは長時限労働をいとわないように見える。出張の飛行機の中で、ほぼ全員がパソコンを開き、寸暇を惜しんで仕事する。成果が上がれば、報酬が増えるから当然かもしれない。限界を超えたと思えば休む。それをとがめる人もいない。
報酬が増えないとライバル会社に転職する。同一労働同一賃金も結果として進む。よい人材を保持するため、企業はそれ相応の賃金を払わざるを得ない。職場環境も良くしなければならない。低賃金やブラック企業だとわかると、従業員が他企業へと移るからだ。
いつ首を切られるかわからず生活が不安定になる、と心配するなかれ。転職市場が発達し、求職にそれはどの困難・不安がない。
4月13日の参議院財政金融委員会で、日本の労働分配率の低さが話題になった。当然だと思う。企業が人材喪失のリスクを感じなければ、賃上げのインセンティブは働かないからだ。
日本人は終身雇用という安定と引き換えに、高収入をあきらめている。ドラスティックな働き方改革には所得税の累進カーブ修正、終身雇用制や年功序列制の廃止なども不可欠だ。
こうしたしくみに抵抗感のある方もいるだろう。しかし、米国経済が輝いている理由の一つだと思う。」
ちょうど、この原稿を週刊朝日に提出した後、プロパガンダの読書でメリルリンチNY本社をリタイア後に、ハワイでコーヒー農園を経営しているYさんという日本人の方から、メールをいただいた。日本人にも、早くリタイアして土に帰った人がいたんだ!うらやましい人生!!

 

(付録)フジマキな日々

1.「うまい!!座布団3枚!」の川柳
タクシーに乗ったら助手席の後ろに宣伝が貼ってあった。マンション経営のCMだった。
宣伝の表にいわく「先読めぬ妻の機嫌と変動金利」とあった。うまい!
私も住宅ローンの金利は、今は長期固定金利を選択するに限ると思っている。

2.東京都大会優勝者VS東京都ランク9万5300位
前回、わが高校(東京教育大学附属)にとって学習院との総合定期戦が年間最大の行事だと書いた。その対学習院選で、私はテニスの東京都大会優勝者の歳川選手に善戦したと書いた。シングルスは田島選手(学習院大学ではキャプテン)とやり2-6、3-6で負けたので、小林君と組んだダブルスのことを書いたつもりだったのだ。ところがプロパガンダを読んだ冨田君から、「NO1の歳川・山川組には私(冨田)と守屋君が当たり、完敗でした」というメールが来た。考えてみればそうだ。都大会優勝の歳川君に善戦したとは、ずうずうしい。人生を美化してしまったようだ。失礼いたしました。ここに訂正いたします。

3.人生を美化する
人生を美化するといえば、長男けんたが大学受験の間際、ちっとも勉強しないので、弟の故・幸夫に「勉強しろ」と説得してくれと頼んだことがある。
幸夫が「けんた君、勉強しろよ。叔父さんもな~、心を入れ替えて最後の2年間は必死で勉強したぞ」と説教したところ、けんた答えていわく「叔父さん、人生を美化していない?2年ではなく2ヶ月じゃないの?」
けんたはするどい。確かに幸夫は2ヶ月しか勉強していなかった。
あの生活態度を見ていれば、2年間もまじめに勉強するわけないとのけんたの洞察力は優れていた。

4.皆スコアーをよく覚えている
高校の対学習院戦で私と小林選手チームは学習院の「田島・金井選手チームに3-6、4-6で負けた」と先週のプロパガンダに書いた。歳川選手の相手は自分だったと指摘してきた冨田君は「歳川選手とはダブルスではコテンパでやられましたがシングルスでは 6−3、2−6、1−6でした」と書いてきた。
又、プロパガンダを読んだ柳井選手(前三菱商事副社長・四谷の雙葉幼稚園で30人中4人しかいなかった男の子のうちの一人。私のクラスメート。高校まで学習院。大学は早稲田)からもメールが来た。「中等科の時は、歳川がナンバー4で僕がナンバー5、附属戦では僕は宮沢に当たり6-0, 7-5で圧勝。」彼は中国の時、学習院のテニス部だった。彼が勝った宮沢とは私と今、財政金融委員会で一緒の宮沢洋一参議院議員・前経済産業大臣・現自民党税調会長。私と小学校・中学校の0年間クラスメート)。
それにしても、皆、よく当時のスコアー覚えているよな~。最近では今さっきやった試合のスコアーどころか、勝ったか負けたかさえ覚えていない。昨晩の夕食のメニューも忘れている。歳を取った。。

5. 八郎潟の菜の花・菜の花・菜の花

20170518 112_R 20170518 109_R 20170518 142_R  20170518 128_R

6.藤巻たけしの1週間

5月8日(月)

大阪の幹部に「財政・金融分析」を書き送ったら、わが党の橋下顧問から雨・あられのような質問がとんで来た(いつものことなので予想はしていたが)。返事をするとまた雨あられの質問だ。ピストルを撃ったつもりが、機関銃で撃ち返されたようなものだ。時々、大砲もあった。5月8日の週は1週間が機関銃のような質問に対処しているうちに終わった感じがする。飛行機の中でも新幹線の中でも空いている時間は必死に回答を書きまくった。普段から飛行機や新幹線は仕事場だが、目的地駅に着いても降りそこなう直前まで書きまくったことはない。アドレナリンが出まくっていたみたい。
橋下顧問は金融・財政の専門家ではないが、それなのに、極めて鋭い質問が飛んでくるのだ。私が当たり前だと思っていたことにも質問が来る。そこで当たり前でなかったことに気が付く。回答に時間は取られたが、本をまた1冊書けるくらいの思考が出来た。財政金融委員会での質問案も出来た。身内を褒めるようで恐縮だが橋下徹はすごい男だと思う。そして私のような年長者には極めて礼儀正しい。
モルガン時代、NYの社長・会長・資金為替本部長からも矢のような質問が来たことを思いだす。勝負している額が大きいので許された勝負額以内でも質問が飛んでくるのだ。論戦に負けると勝負から降ろされる(勝負額を減らされる)可能性があるので必死だった。ボスからのチャレンジは部下を強くする。

5月9日(火)
8:00-9:00 日本維新の会 政調役員会
14:00-15:00 床屋
16:48-17:18 参議院予算委員会 片山虎之助議員 応援傍聴

5月10日(水)
9:45-10:00 日本維新の会 参議院議員総会20170518 001_R
10:00-10:10 参議院 本会議

13:50-14:00 国民生活・経済に関する調査会 理事会

14:00-15:00 国民生活・経済に関する調査会

(15:20ー15:25 藤巻健史意見表明)
20170518 005_R 20170518 007_R
15:30-17:1 0 ODA特別委員会

(16:55 -17:05 藤巻健史質問)20170518 014_R 20170518 015_R

5月11日(木)
6:30     家を出発
7:30-8:30 えびさわ由紀 都議選候補予定者(町田市) 駅立ち応援@町田市成瀬駅20170518 019_R
12:00-13:00 日本維新の会 参議院議員懇談会
15:00-16:00 日本維新の会 教育無償化PT

5月12日(金)
7:30-8:30  ひえしま進都議選候補予定者(世田谷区)駅立ち応援@駒沢大学駅前20170518 021_R
9:45-10:00    日本維新の会 参議院議員総会
10:00-10:40   参議院 本会議
11:20発 はやぶさ17号で新青森に
14:43   新青森着
この週は、青森と秋田の支援者の方が以前からミニ集会・懇親会を熱望してくださっていたので青森・秋田を訪問。20170518 024_R20170518 031_R 20170518 036_R20170518 050_R

5月13日(土)
本来は青森から秋田までレンタカーで移動するつもりだたが、14時に大田区の柳ケ瀬裕文君の決起集会が大田区の区民センターであることが決まったので一時帰京。6時半ホテル出発、新幹線で13:04東京駅着
14:00―15:15 柳ケ瀬裕文君の決起集会20170518 059_R 20170518 060_R 20170518 054_R
16:20- ANA789便で羽田発
17:25  大館能代空港着

この地域は地方再生政策のお陰で建物等ハードは非常に立派だ。しかし、メインテインする人がいない。川にはサケが遡上し昔は卵を採取して稚魚を川に戻していたそうだが、今はそれをする人もいない。漁をする人さえいないそうだ。したがってサケが川でうなっているとのこと。ブナの代わりに早く成長するということでスギを植えたがメインテインする人がいないという話も聞いた。考えさせられる問題である。(↓薄緑のところがブナ林、濃い緑が杉林。花粉症の私は見ているだけでくしゃみが出そうだ)20170518 091_R  20170518 086_R

5月14日(日)
今回の青森・秋田行には八郎潟の大規模農業と強い風を利用した風力発電を見たいという希望もあった。たしかにこれだけ大規模に農業を営めば農業も儲かる産業となり得る。

(広い水田↓) 20170518 107_R 20170518 103_R

↓廃校を利用したアワビの陸上養殖、目のつけどころに感服。20170518 073_R 20170518 074_R (↓奥に見えるのは黒板)20170518 078_R
20170518 081_R夕方帰京

5月15日(月)
15:00-15:30 来客
16:00-16:45 歯医者
木曜日の財政委員会質問つくり

5月16日(火)
8:00-9:00 日本維新の会 政調役員会
9:50-10:00 財政金融委員会 理事会
10:00-12:00 財政金融委員会
13:00-15:15 財政金融委員会
(14:35-15:00) 藤巻健史質問 20170518 166_R 20170518 155_R 20170518 162_R
16:20-  仙台へ
18:30-  会食@割烹 大多安(オタヤス)  20170518 170_R
私の秘書アベ嬢の実家である仙台の割烹大多安(オタヤス)で会食。
メンバーの皆さんが割烹オタヤスでしばしば会食をしていたのだが、偶然私の名が会話の中に出た。その時、女将(秘書アベのお母さま)が「うちの娘、その藤巻さんの秘書なんですよ」という話になり、「それでは藤巻さんも仲間に入れてあげよう」ということになったのだ。(2回目)
今回は鈴木正俊さん (ミライト・ホールディングス代表取締役社長・元(株)NTTドコモ代表取締役副社長)がアレンジしてくださり、里見進先生(東北大学総長・医学部教授・消化器外科)・伊藤敬幹さん( 仙台市副市長(元日本開発銀行)・竹澤秀樹さん(日本銀行仙台支店長)・二階堂宏樹さん(東北電力法務室長)が出席くださった。
鈴木さんは毎年金毘羅ツアーでもご一緒させていただいている。勝丸元高松高等検察庁検事長・広島高等検察庁検事長の勉強会仲間だ。
里見総長はお会いしたのが前回のこの会に次いで2回目。前回は偉い先生なので少し緊張したが、今回はえらくリラックス出来て、昔からの知己のようだった。先日、鈴木さんが学士会館のロビーで本を読んでいる里見総長を発見。どんな難しい本を読まれて勉強されているのかと思ったら、私の本でずっこけたと言う笑い話もある。
竹澤支店長はわがオフィスでは「竹ちゃん」で通っている。やさしげな容姿と性格の方。二階堂さんの奥様は朝日新聞土曜版beの連載「藤巻兄弟」の大ファンでいらしてくださったとのこと。今回が初対面。伊藤さんは元、日本開発銀行勤務で(指揮者小泉和裕さんを私どもと同様追っかけをしている)渡邊さんから後輩だと紹介されて知り合った小泉和裕さんの演奏会の打ち上げとその2次会でのことだ。仙台市長に乞われて副市長に就任。8年目。

(↓左から時計回りに二階堂さん・私・里見総長・竹澤支店長・伊藤副市長・鈴木社長)20170518 169_R
いや~、よく飲んだ。よく笑った。楽しかった。

仙台泊

5月17日(水)
7:21-8:56 仙台から帰京
一日中、予定がびっしりなので、明日の財政金融委員会の質問つくりをする時間が無い。新幹線のなかで必死で作り、東京駅到着直前にどうにか終了。
9:45-10:00 日本維新の会 参議院 議員総会
10:00-11:55 参議院 本会議
12:00-12:10 国民生活・経済に関する調査会報告
14:00-14:30 日本維新の会 衆議院区割りヒアリング
14:30-14:40 日本維新の会 経産省 ヒアリング
14:40     明日、早朝柳ケ瀬都議の応援に行くため車が必要なので、車を自宅に置きに帰る。車を家に置き電車で議員会館へ戻る
16:30-17:20 日本維新の会 外交・安保調査会 勉強会
18:00-  テニス仲間の阪本さん(元トーメン勤務のサラリーマン。その後独立して中小企業のオーナー社長)と会食@渋谷リストランテ テラサキ20170518 181_R
阪本さんはテニス仲間はテニス仲間だが、それ以上に、政治・経済に関しての私の参謀。
おいしいイタリアンを食べながら、政治・経済談議に花が咲いた。今後ともご指導よろしくお願い致します。

5月18日(木)
7:30-8:30 柳ヶ瀬都議 駅立ち応援@西馬込20170518 183_R
9:50-10:00 参議院 財政金融委員会 理事会
10:00-12:00 参議院 財政金融委員会
(11:45-12:00)    藤巻健史質問20170518 186_R 20170518 192_R 20170518 188_R
12:00-13:00 日本維新の会 参議院議員懇親会
16:00-17:00 日本維新の会 憲法改正調査会 勉強会
プロパガンダ書き。