本文&フジマキな日々(稚内から札幌)

2017年08月01日

(↓稚内の町に一日月が沈む【宿の窓から】)20170801 103_R

(本文)付録「フジマキな日々」は下の方にあります。

 

1.FRB 保有証券の縮小を「比較的早期に」開始

先週のFOMCでFRBは規模の保有証券の縮小を「比較的早期に」開始するとの方針を示した。にもかかわらず、米国長期金利は低下し、日米長期金利差が縮小したということで、2円近く円高が進んだ。
しかし、このバランスシートの縮小に関し通信社ブルムバーグは7月27日、以下のように述べている。
「(前略)9月にも始まる可能性のあるバランスシート正常化は金融政策の新たな節目となる。FOMCは2008年12月に事実上のゼロ金利政策を導入した後、長期金利を引き下げるため、数兆ドル規模の証券購入を決定した。(以下略)」
要は「量的緩和=バランスシートの拡大」は「長期金利を引き下げるため」だったと明確に述べているのだ。
「長期金利を引き下げるため」に拡大してきたバランスシートを縮小に転じるのである。「長期金利を引き下げるため」から「長期金利を引き上げ」に変更するということである。少なくとも「もう引き下げない」ということだ。
FRBが長期債の購入を減らしていくのだから、需給バランスからしても、米国長期金利は押しあげっていくだろう。これは強烈なドル高円安要因だ。
FOMC 声明発表直後米長期金利が下落したのは、FRBがそれほど強いコミットを示さなかったゆえに、ビッグショートをしていたヘッジファンドが買戻しをしたせいだといわれている。と言うことは、彼らは、バランスシートの縮小が実際に始まれば米国長期金利がかなり上昇すると思っているということだ。私は相変わらず米長期金利の上昇で今後、ドル高/円安が相当に進むと思っている。

 

2.イエレンFRB 議長の発言をあまりに楽観視し過ぎていないか?

イエレンFRB 議長のFRB 後の発言をマーケットはあまりに偏って捉えていないだろうか?マーケットは「FRBの金融引き締めはゆっくりだ」と思い込んでしまっているようにみえる。
米国景気は今も、そして今後しばらくの間、非常に強いと私は思っている。株価は史上最高値を更新し続け、不動産価格も堅調、完全雇用である。しかしCPIは低めに推移している。
これはまさに日本のバブル時代(1985年~1990年)の前半期と全く同じ現象だ。狂乱経済といわれた日本のバブルは不動産と株の高騰で引き起こされた。完全雇用でもあった。しかしCPIは、前半の3年間は0.5%(全国平均)と、現在の日銀の目標の2%よりはるかに低く、CPIを注視していた日銀の引き締めが遅れてしまった。そして経済は狂乱したのだ。その日本のバブル期前半と同じ状況なのが今の米国経済ならびにFRBだと私は思う。

 

3.先週の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

先週の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」は「大いなる注目点・米FRBのBS縮小」というタイトルで 以下の内容です
「(前略)
ドル・円の為替相場がこう着状態にある。最大の要因は、ほぼレンジ内で動いている米国長期金利。ドル・円相場は日米金利差の影響を受け、最近数ヵ月間は米国長期金利の動きにほぼ連動する。金利上昇でドル高円安に、下落でドル安円高に。日本の長期金利は日銀の政策でほぼゼロ%付近で動かず、日米の金利差は米国債の動きで決まる。
(中略)
政治的思惑や避難通貨か否かなどで為替相場を予想する向きも多いが、「話として面白い」に過ぎない。
政治的な話で10年後のドル・円相場が50円以下になると思うなら話は別だが、そうでなければ金利差のほうがよほど大事なのだ。
7月6日付米紙ウォールストリートージャーナルに 「FRB内に広がる資産バブルヘの警戒感」という記事があった。<株式・債券相場がミニバブルの様相を呈しているため、FRBはインフレ指標がこれ以上改善しなくても金融緩和の解消をより意識的に進める可能性がある><アムハースト・ピアポント証券のチーフエコノミスト、スティーブンースタンリー氏は、これだけ資産価格に注目しているのなら、FRBがバランスシート縮小を早期に始める可能性は高いと指摘>との内容だった。
利上げとはFRB(米連邦準備制度理事会)にある当座預金への付利金利を上げる政策で、短期金利の誘導だ。一方で、バランスシート(BS)縮小とはFRBが長期債の購入を減らすこと。長期金利に直接影響する(=長期金利上昇)政策だ。
スタンリー氏の言うように、FRBが株式・債券相場のミニバブルを懸念しているなら、BS縮小はそれを抑える意味で最も効果的だ。ドル・円の今後を考える際、FRBのBS縮小は大いなる注目点といえる。」

 

(付録) フジマキな日々

 

1. 「異次元緩和に「出口」なし! 日銀危機に備えよ」8月19日発売2017著書PHP
拙著「異次元緩和に「出口」なし! 日銀危機に備えよ (PHPビジネス新書) が8月19日、発売されます。よろしくお願いいたします。「税込940円」です。
「異次元緩和」で大量の国債を買い続け、いまや”超メタボ状態”の日銀。政府の借金を肩代わりする「財政ファイナンス」を実質的に続けてきた結果、国の財政危機は日銀の倒産リスクへと転化してしまった。我々はどう備えればいいのか?という内容です。
嫌なことから目をそらしたいのは人間の性です。しかし嫌なことでも現実に向き合わなければならない時もあります。そうしないと自分や家族の生活や資産を守れないからです。天災と違い、事前に準備しておけば多少なりとも自分や家族を守る手段はあるのです。

 

2.北海道旅行で感じたこと

月刊誌「財界」を発行している経済界倶楽部主催の講演会が札幌であったので、それに引っ掛けて最初の夏休みをとった。稚内方面に行ってきた。どこへ行っても利尻富士が見え景色は最高。涼しさも最高の贈り物。しかし、この地域は残念ながら、宿の設備があまり整っていない(もっとも1泊目の民間経営の旅館はとてもよかった)。2泊目、3泊目として最初に家内が景色優先で予約しようとした宿は、部屋にトイレがついていない。最近、夜のトイレが近くなっている(酒に酔うと一層)から「それだけは勘弁」とトイレ付の宿に変更してもらった。
宿に限らずこの地域は公営施設(特養老、消防署、町営温泉施設等)だけが元気だった。公営施設はとても立派なのだ。これだけ景色と環境が良く、日本列島が猛暑に苦しんでいる時に涼しいのだから、何とかもっと民間が活躍する場はないのだろうか?そうすればこの地域ももっと元気になるだろう。すばらしい観光資源を持っているがゆえに残念だ。
とは言っても、絶景と素晴らしい風で今回の旅行は堪能出来た。大満足。

 

3.講演会(途中で帰りますか?)

この1週間は講演会を3つこなした。昔は週3回なぞ珍しいことではなかったが、政治の世界に入ってからは週3回の講演会は珍しい。
札幌での講演会にはレンタカーで乗り付けた。ホテルの駐車場の係りの方が「何の御用ですか?」と聞くので「講演会です」と答えた。「じゃ、『財界』さんの講演会ですね」「はい、そうです」「最後までいらっしゃいますか?」
(ン、ン、ン、講師だから最後までいなければまずいでしょうな~)と思いながら「はい、そのつもりです」「では、そこに停めてください」
家内が横から「『面白くなかったら、すぐ出てきます』と言え、言え」と脇腹を突っついてきた。面白いの!!  私の講演会は!  家内は評価していないけど・・。

 

4.藤巻タケシの1週間

7月24日(月)
14:40-15:04 浦野衆議院議員予算委員会傍聴
19:00-21:00 ミライト社長 鈴木さん、NTT常務 島田さん@八雲茶寮20170801 001_R 20170801 003_R
鈴木さんは毎年、金比羅歌舞伎を鑑賞&飲み会をする仲間。
島田さんは一橋大商学部の後輩。NTTの国際派といわれている方で現在は総務担当役員。MTTは世界で24万人(記憶が定かではないので多少の誤差はあるかも知れない)だそうだが、その人事管理をしている重鎮。
生きた若鮎を料理した塩焼きが美味だった、八雲茶寮は故弟幸夫の友人だったデザイナーのオガタさんがオーナーのお店。

7月25日(火)
6:30 家を出発
8:00 ANA61便で羽田発 9:35千歳着
飛行機の中では週刊朝日原稿書き
10:45 ANA4841便で千歳発 11:25稚内着
レンタカーでまずは宗谷湾沿いを走り宗谷岬へ。昼食はホタテラーメン。その後、オホーツク海沿いの海岸線(好景観道路)を南下、大沼から84号線、121号線、119号線を北上(119号線沿いの牧場風景は素晴らしかった)。稚内近くの声問の旅館に入る。

(↓3枚はオホーツク海沿いの海岸線(好景観道路より)

20170801 050_R 20170801 062_R 20170801 066_R 20170801 074_R(↑内陸部の牧草地 風も通り私も牛も極楽)

(↓4枚は宿の窓から)
20170801 083_R20170801 086_R 20170801 089_R20170801 106_R夕食は炉辺焼きの海鮮三昧。窓を開けると涼しい風が部屋に入りこんでくる。最高の贈り物。この風に当たるだけで稚内にきたかいがある。至福の時。睡眠不足解消。

7月26日(水)
5:30~7:00 宿付近の散歩。利尻昆布の水揚げを見学。漁師さんとも歓談。あたり一面水揚げした昆布を乾燥させていた。太陽光に当たると昆布が黒光りしていくそうだ。20170801 131_R20170801 134_R 20170801 135_R 20170801 163_R  20170801 128_R
20170801 204_R 20170801 199_R       20170801 207_R(↓廃屋 絵になるなぁ~)20170801 173_R       (↓昔懐かしい木の電柱)20170801 178_R 9:30 宿を出発。ノシャップ岬に寄った後、

(↓ノシャップ岬)20170801 231_R 20170801 225_R
利尻水道沿いの海岸線の道路(好景観道路)を南下。絶えず利尻富士を見ながらのドライブだ。車の前方では水平線が地平線とつながって一直線だ。広大なことの証明。牧草を刈ってロール状に放置されている様がアートだ。「どんな人工のアートも、この自然のアートにはかなわないのでは?」とはアヤコの弁。20170801 249_R 20170801 267_R 20170801 270_R20170801 260_R

一昨年は利尻島に渡り、ハイキングをしたが、海を隔てて見る利尻富士も最高。利尻富士はお菓子「白い恋人たち」の写真でも有名。
サロベツ湿原センターに行き、湿原の木道の上を歩く。
その後、幌延ビジターセンターに行き、下サロベツ原野自然探索路の木道の上を歩く。      (↓5枚 サロベツ原野)20170801 282_R  20170801 288_R 20170801 300_R
20170801 320_R 20170801 325_R (↓4枚 下サロベツ原野自然探索路)20170801 330_R 20170801 331_R20170801 341_R        (↓ヒグマ出没注意の看板を見つけ途中から引き返し!)20170801 338_R 道の駅で、有名な手塩蜆を買いその後15:00過ぎに手塩温泉に。
夕日が水平線に堕ちる様は素晴らしかった。

(↓宿の窓からの風景)20170801 348_R

7月27日(木)
8時半まで油成分の混じった温泉を堪能した後、10時に宿出発。
豊富に行き、豊富温泉で日帰り入浴。アトピーに非常に良く効く温泉だそうで、アヤコはアトピーの湯治に来ている若い女性とお風呂場で話し込んだそうだ。
大規模草地育成牧場に寄ったあと、北上。海岸線に出た後、昨日の反対方向で海岸線を北上

(↓手塩川河川公園)20170801 360_R (↓海岸道路沿いの風力発電、圧巻!)20170801 364_R 20170801 369_R(↓宮の台展望台より)
20170801 377_R 20170801 371_R

(↑大規模草地育成牧場)

17:30稚内空港発ANA4844便で千歳に。18:25千歳着

(↓飛行機の中から幻想的な利尻富士)20170801 391_R
レンタカーを借りて19:40にながぬま温泉着。湯量が北海道でトップクラスとのこと。確かにこんこんとお湯が流れ出ていた。間違いなく源泉かけ流しだ。

7月28日(金)
9時半に宿を出発。
11時札幌ビューホテル着。
11:30=12:40 経済界倶楽部主催の札幌例会で講演20170801 395_R 20170801 392_R
12:40-13:30 懇親会
着くまで知らなかったのだが、懇意にしている加森観光の加森社長ご夫婦が講演会を聞きに来てくださっていた。私がモルガン時代に「資産を増やすのには成長している国のリスク資産を買え」と説いていた時、その成功事例として加森さんの例をたびたび引用させていただいていた。テニス仲間の中村ヒロシさんからご紹介いただいていたのだが、その時から親しくお付き合いさせて頂いている。加森観光は星野リゾートと並ぶ日本の観光業の雄で加森社長は北海道ではたいへんな著名経済人だ。加森社長の発想の素晴らしさにはいつも脱帽する。
1昨年の冬は加森観光が経営するルスツリゾートに加森さんご夫婦とご一緒させて頂き、特別に新雪の上を滑らせていただいた。加森社長は70歳を超えているのに、ヘルメットを被り、一気に滑り降りていかれる。とても私では追いついていけない。今度の冬もルスツにおじゃまする予定。。
懇親会後、車で1時間の豊平峡温泉に行き、日帰り入浴へ。あかすり、マッサージも堪能。
20:30 千歳空港発ANA82便で帰京。22:05羽田着。空港で鮨を食べながらビールを飲んでしまったので眠かったが、頑張って飛行機の中で週刊朝日の原稿を書く。
23:00 自宅着

7月29日(土)
9:00-11:00  テニス2ゲーム
12:30     自宅を出て議員会館。残務整理
15;00-17:15  ○の会主催講演会@新宿   20170801 401_R 20170801 404_R
「名もなき日々を」(宇江佐真理)読了

7月30日(日)
午前中、ペンディング事項整理。
12:00 埼玉県朝霞市へ
14:00-16:00  埼玉維新の会主催の講演会@朝霞市市民会館

(↓右から先日の三郷市議選で当選した渡辺さん、沢田支部長、私、青柳支部長(埼玉維新の会幹事長)、坂井飯能市議)20170801 421_R
第1部  藤巻健史の経済講演会20170801 411_R 20170801 406_R
第2部  青柳埼玉維新の会幹事長の講演
16:45―17:15 懇親会 朝霞駅前の居酒屋さん

車を運転していたので、酒は飲まず。20170801 424_R