本文&フジマキな日々(雙葉男の子の会)

2017年12月11日

20171211 014_R

(↑遊びに来た前田さん宅のマハナ)

(本文)付録「フジマキな日々」は下の方にあります。

 

1.先々週の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

先週の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」は「208回私はあおってはいない、20年前の危機感どこに」というタイトルで 以下の内容です。
「(前略)
<人口構造の高齢化等我が国の経済社会情勢の変化、国際情勢の変化等国及び地方公共団体の財政を取り巻く環境が大きく変容している中で、国及び地方公共団体の財政が危機的状況にあることを踏まえ(後略)> 財政が危機的状況?現在の話かと思いきや、実は今から20年前の97年にできた財政構造改革法の第2条なのだ。97年11月は、3日に三洋証券、17日に北海道拓殖銀行。24日に山一証券と倒産が続いた大変な時期。財政構造改革法は28日に成立したが、「経済危機で財政再建どころでない」と、小渕内閣の時に凍結された。
橋本内閣が「危機的状況」と認識した当時の累積借金額は369兆円。現在は1079兆円と3倍だ。
(中略)
GDPは、現在も当峙もほぼ変わらない。船の規模は同じで船底にたまった水が3倍になった。この借金残高のGDP比は、何と太平洋戦争末期と同じ規模まで大きくなってしまった。
私が「肘政が危機的だ」と言うと、「世の中をあおっている」と非難する方もいる。私が世の中をあおっているならば、借金残高が3分の1の時に「財政は危機的だ」と断じた橋本龍太郎内閣は、あおりにあおりまくっていたのだろうか?
断じてそうは思わない。まじめに危機意識を持っておられたのだと思う。
(中略)
97年に成立した財政構造改革法は、世界的にみても他国と遜色のない財政規律目標だった。あの時の意気込みや規範はどこへ行ったのか?財政規律が緩んでも、経済が拡大しているならば、まだ納得がいく。しかし、今の名目GDPはあの経済劣悪の97年末とほぼ変わらない。米国の2.2倍。英国の41倍、韓国の3.2倍、中国の10.1倍と比べればわかるように、日本は世界の劣等生なのだ。アベノミクスで経済が回復している、と喜んでいる場合ではない。」

 

2.為替の動き

ドル円の下向きに対する耐性が確認されてきつつあるように思う。来年からは米国債の供給増加&需要減少(FRBの購入減による)が本格的に働いてくるので米国金利上昇による日米“長期”金利差拡大、FRBの何回もの利上げによる日米“短期”金利差拡大、かてて加えて米国のレパトリ税制で、「じわじわと」か「急速に」か、わからないが、円安ドル高が進むと思っている。そしてある時点まで円安が進行すると日銀の権威失墜で円暴落の可能性があると思っている。為替を考える時は金利格差が極めて重要だ。
分かりやすく説明したい。複利等を考えず単純化する。例えば日米の10年金利差が3%あったとしよう。10年間で30%の差がでる。円をドルに換えドル債投資をするのか?それとも円債投資をするのか?ドル債投資の方が損をするのは満期時に円高が30%以上進んでいて為替の損が30%を超える時だ。
10年金利差が5%に広がったとしよう。10年間で50%の差。満期時に為替で50%損しないと思えば、ドル債投資を選択する。だから日米金利差拡大は現在のドル高円安につながるのだ。為替先物も基本同じ考え方でドルの先物買いが増える。それが直物ドルの買いにつながる
今、政治マターで為替がしばしば動くが、その政治マターが将来、米長期金利を動かすのか否かを考えることが重要。動かさないのなら、コトが起きて円高に振れてもそれは一時的にすぎない。実需であれ、投機であれ、儲かるか否かが最終的に為替を動かす。

 

3.「財政規律を崩壊させているのは日銀だ」(財政金融委員会質問)

12/5は昼食をはさんで10:00―15:00まで財政金融委員会に出席。黒田日銀総裁にお聞きした。
ECBは来年1月から国債等購入額を月に300億€に減額するそうだが、答弁によると、これはユーロ圏の国債発行額1940億€のうちの約15%+に相当するそうだ。一方日銀は国債発行額の約80%を買っている。
総裁に「黒田さんは財政規律が大事と言っているが、財政規律を崩壊させているのは日銀自身じゃないか? 国債発行額の80%も日銀が買えば長期金利などあがらない。財政赤字が積み上がっても長期金利が上昇しないのなら政治家は、ばらまきをし、どんどん橋や道路を作って人気取りをする。財政赤字が膨れ上がっても政治は痛みを感じない(=「お前がばらまくから長期金利が上昇してしまい景気の足を引っ張った」という非難)わけだ。だから財政赤字が積みあがるのでは」と聞いた。
黒田総裁の答えはロイター記事の最後にあるとおり。「財政運営については、政府・国会の責任で行われるもの」冗談じゃない!それなら国会は日銀に「国債買うのを辞めろ」と言っていいの?日銀は日銀法で、「政治からの独立性を担保されているのではないの? 日銀の独立性いらないの?」
以下ロイターの記事。黒田総裁の当たり障りのない回答しか書いてありません。そんな事を聞いているのではないのです。質疑の様子は本文5にあるYou tubeでご覧ください。完全な「はぐらかし」がお分かり頂けるかと思います。それを追求できない私も未熟ですがいかに日銀が苦しいかもお分かりかと思います。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000062-reut-bus_all

 

4.国債借り入れがなぜ歳入?

12月4日の参議院の本会議で、平成28年度決算の審議で「歳入は102兆円、歳出は97兆円で差し引き5兆円の余剰が生じた」との麻生財務大臣の説明があった。いつも思うのだが企業で借入金を収入に入れるところはない。それなのに国の場合はなぜ借入金を歳入と言って収入のように扱うのだろうか?こういう言葉の使い方をするから国民に財政の危機感が伝わらない。税収+税外収入63兆円、歳出97兆円、今年の借金増加額34兆円と発表すべきだと思う。

 

5.日本には中央銀行が過度な金融緩和政策を行った場合それを抑える政治勢力が議会に存在しない

12月10日の朝日新聞の書評欄に載っていた「日銀と政治」(鯨岡仁著)への加藤出氏(東短リサーチチーフエコノミスト)の書評は「本書を読んで通感させられたのは、欧米と異なり日本には中央銀行が過度な金融緩和政策を行った場合それを抑える政治勢力が議会に存在しないことである」。私は毎回財政金融委員会で黒田総裁か岩田副総裁を呼んで追及しているが孤立無援。今日銀はステルステーパリングをしていると言われているが未だ出口戦略を公開していない。一方FRBはテーパリング開始2年半前に出口戦略を公表(2011年6月に出口戦略公表、2013年12月にテーパリング開始)。日銀は出口がないから相変わらず「時期尚早」としか言えないのだと私は思っている。
テニス仲間の氏家野村証券元社長・会長が「フジマキ君の国会質疑、聞きたかったけど予定が入っちゃって見損なっちゃったよ」とテニスの時おっしゃってくださった。でも以下のyou tube でみられます。

12月5日の財政金融委員会のYou tubeは以下のとおり
https://youtu.be/ObT_lDuACBU

11月30日の予算委員会でのyou tubeは以下のとおり。片道8分のはずが押されて6分弱になってしまったので、えらく焦り早口になってしまった。
https://youtu.be/5lhPxJLpPRw

 

6「年収850万円超の会社員は増税」?冗談じゃない

これは社会主義税制であり「働き方限定政策」だ。明日発売の週刊朝日に詳しく書いたし、本日夜のBSイレブン「INside OUT」でも論じるつもりだ。

 

(付録 フジマキな日々)

 

1.笑いこけた忘年会@拙宅

落語家の林家木久蔵師匠、獺祭(朝日酒造)の桜井会長、星野観光と並ぶ日本の観光業の雄・加森観光の加森夫婦・済生会中央病院副院長の竜崎夫婦(近所の犬仲間)と大宅壮一ノンフィクション作家&コメンテーターの吉永みち子さんを我が家に来てくださって忘年会。皆さんとはもう20年以上のお付き合いだ。吉永みち子さんはブロードキャスターのコメンテーターを共にしてからの友人。この日も痛感したがコメンテーターの才能は、私と吉永さんでは幼稚園と大学生ほどの差がある。この日も吉永さんのコメントがすごかった。「富岡八幡宮といいエルサレムと言い今、宗教界はドロドロだね~」などなそ。木久蔵師匠いわく、「いあ~、話すのが本職の落語家が聞きほれてしまいますね~」
その木久蔵師匠も獺祭の桜井会長に向かって「これだけ売れたんだから、そろそろ獺祭を喝采にしたらどうですか?」

桜井会長の大量差し入れで、本日は高級な獺祭を、がぶ飲み。皆、「一層おいしくなる」と会長自身から注いでもらっていた。獺祭スパーリングを注ぐとき、瓶を上下にしているので、理由を聞いたら「酵母を働かせるためです(注:酔っていたので違ったかもしれない)」すかさず、吉永さんが「そりゃそうだよね。桜井さんは生みの親なんだから酵母にも働いてもらわなくちゃね」
加森社長は昨日、北海道から東京へ。 本日は運営するスペースワールドの件で北九州に飛び、日帰りで戻ってきて参加してくださった。
来年3月には加森観光の運営するルスツスキー場に竜崎先生夫婦と出かけることになっている。(一昨年は元NHKの久保純子親子も一緒だったが、今はNY)
当日、アヤコは胃カメラ検診の予定だったので準備は事前にほとんど終わっていたものの、数日間体調を崩していたせいで、(アヤコ任せのはずだった)当日の準備は大方私がやった。珍しく家の仕事を手伝った。大変だったが、皆11時過ぎまで盛り上がり、ホストとしても大変楽しい夜だった。
(↓ 桜井会長に獺祭を注いでもらう)20171211 093_R
(↓ 木久蔵師匠からいただいた木久蔵ラーメン)20171211 086_R
(↓ 右から時計と逆回りで竜崎先生、吉永さん、桜井会長、竜崎夫人、アヤコ、加森夫人、木久蔵師匠、加森社長・私)20171211 096_R

 

2.雙葉男の子の会

12月3日(火)、女子御三家と言われる雙葉の「男の子の会」が雙葉幼稚園で開かれた。クラスメートの柳井準ちゃん(元三菱商事副社長)と出席した。大半が卒業直後の小学生とその保護者で我々2人はまさに最年長。
いまでこそ雙葉幼稚園に入学許可される男の子は多少増えたようだが、我々の時代は「男の子4名に女の子26名」そのクラスが2つ。ということで、まさに人生至福の時だった。

以下、私の処女作「外資の常識」より雙葉幼稚園について。

「ところで、男性はクラスに4人計8人でしたが、このミニクラス会は半分の4人が参加しました。私と、岩倉君と伊藤君と……。私は幼稚園のころ、けっこういじめっ子で岩倉君や伊藤君を牛耳っていました。ところで、初めて知ったのですか、岩倉君は片倉具視の曾孫。伊藤君は伊藤博文の孫。皆、先祖は当時の紙幣でした。農民出身、サラリーマンの子どもは藤巻君だけではないか。以前、日銀にヒアリングで出かけたとき、先方が課長と南雲さんという女性。こちらか私と部下の小泉という女性。話をしていたら、南雲さんは、海軍の南雲中将の孫。小泉さんは陸軍の小泉大将の孫とわかり、日銀の課長と『世が世なれば、我々下々の人間は、大変な部下を持って毎日が緊張だったでしょうな』と話したのを思い出す。
というわけで、いつも私は「世が世でない時に生まれてよかった……」と思うのです。」
ちなみにこの私の直属の部下だった小泉さんも雙葉出身。先日、参議院財政金融委員会に出ていたらご主人の国税庁次長の藤井さんが参考人に来ていらしていた。

さらに以下も「外資の常識」より。

「ところで、このとき(注:昔、蔵王の民宿に家族で行ったとき、偶然幼稚園のクラスメートと会った。)彼女から、毎年6月に行われる雙葉の同期会に必ず呼びますから、と言われた。私は女子校御三家の一つ雙葉の同窓会に、毎年堂々と参加できることになったのです。考えただけでも、顔がデレーっとしてしまいます―――。とプロパガンダの付録に書いたのか3年前、彼女から同窓会の連絡はいまだない。 さんざん喜ばせておいて、もう――――。人生、そんなものである。」
準ちゃんは幼稚園時代、いじめっ子で有名だった。2人で「文芸春秋」の「同窓生交歓」に載ったことがある。幼稚園の正門の前(坂になっている)で写真を撮ったのだが、背が私よりかなり高い準ちゃんが、坂の上に当然のようにサーと位置取りした。これでは背の低い私の背が一層低く見えてしまう。「お、あいかわらず、いじめっ子じゃん(笑)」と、しかたがないので私は必死で背伸びした。そこで女性編集者が噴出した。「いままで、何十枚も『同窓生交歓』用の写真撮りましたが、そんな事する人始めてです」と。20171211 111_R
ところで私が9年間クラスメートだった(自民党税調の)宮澤君と準ちゃんも仲間だ。我々の東京教育大附属と準ちゃんの通っていた学習院(大学は早稲田)とは総合定期戦があり、我が校にとっての年間最大行事。「中学の附属戦で宮澤を6-0.6-3で完膚無きまでに撃破したぞ」とのこと。なんだここでもいじめっ子だったんじゃないか。
(↓ シスターエミリー、園長の那波先生、前園長のシスターエミリーと準ちゃんと)20171211 033_R

 

3.藤巻たけしの1週間

12月2日(土)
9:00―12:00   テニス
12:30-17:00  財金質問作り
18:30-20;30  魚屋レストラン  泥酔

12月3日(日)
5:00-8:00 twitter ,プロパガンダ(論じ版) 財金質問通告つくり
9:00-10:15 1ゲームだけテニス.岡江先生・三科先生の医者チームを中村・藤巻の金融チームが6-4で撃破。
12:00- 13:30  雙葉男の子の会

12月4日(月)
11:15-11:30 片山虎之助事務所にて法案説明
11:45-12:00 参議院財務室長来所
12:45-13:00 参議院 日本維新の会 議員総会20171211 038_R
13:00-15:15 参議院 本会議
16:00-16:30 参議院 国民生活・経済に関する調査会理事懇談会
18:30-20:30 冨澤元陸上幕僚長・浅田日本維新の会政調会長とで会食@赤坂茶寮

防衛問題についてのご見識をうかがった 。冨澤元陸上幕僚長は東洋学園大学で私と一緒に理事(兼教授)をされている。 20171211 040_R

20171211 041_R12月5日(火)
8:00-9:00 日本維新の会 政調役員会
9:50-10:00 参議院 財政金融委員会 理事会
10:00-11:40 参議院 財政金融委員会
12:50-14:45 参議院 財政金融委員会
(13:52-14:10) 藤巻健史質問20171211 042_R 20171211 050_R 20171211 051_R
15:00-16:00 歯医者
17:00-18:00 久宗くん来館。久宗くんはJPモルガンで私が採用した男、(株)フジマキ・ジャパンでも働いてもらった。一橋大学の後輩。一橋大学時代は少林寺拳法の主将で彼が部室に入ると部員全員にピリッと緊張が走ったという話をきいている。20171211 056_R

12月6日(水)
午前 ペンディング事項整理、twitter 書き等
12;00-12:05 議員立法法案提出20171211 061_R
12:10-12:15 記者会見立ち合い20171211 067_R
12:00-14:00  12月11日(月)出演BSイレブン「INside OUT」の打ち合わ
17:00―19:00  三井信託銀行S49年入社組同期会@東レ社員倶楽部20171211 069_R 20171211 071_R
19:30-21:00  日本維新の会政調役員親睦会@飯倉キャンティ20171211 073_R

12月 8日(金)
9:50~10:00 財政金融委員会理事会
10:00~10:05 財政金融委員会  20171211 075_R
10:05~10:10 ODA特別委員会理事会
10:10~10:12 ODA特別委員会 20171211 078_R
10:35~10:40 国民生活・経済調査会理事会
10:40~10:42 国民生活・経済調査会 20171211 081_R
11:15-11:30  議員総会 20171211 083_R
11:30^12:00 本会議
午後 家の掃除
19:00-21:00 我が家で忘年会 20171211 087_R

12月9日(土)
午前、家内を船橋の高良胃腸科クリニックへ車で。高良胃腸科クリニックは中学・高校の後輩でいつも夏に軽井沢の別荘に泊めていただいている東邦大学大学院消化器外科学講座の島田教授
の義理のお兄様がやっているクリニック。
16:10―17:40  PMC主催全国の歯科医師の先生向け講演会@東京八重洲20171211 103_R 20171211 099_R
18:00―20:00  歯科医師の先生方の懇親会20171211 108_R

12月10日(日)
9:00-12:00  テニス  3連敗 トホホ
13:00―15:00 昼寝
15:00―15:30 ベルリンフィルのコンサートマスタ―樫本大進(38歳?)さんのTV番組(NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」)を家内が録画していたので見る。 日本人がベルリンフィルのコンサートマスターを務めること自体,驚異だったが理由が分かった気がする。感動!
15:30-16;30 TV NHKで空手の試合を見る
16:30―23:00 食事を挟んで物書き(週刊朝日、twitter, プロパガンダ、メール返事, 米国の地方税納付遅れの手紙への返事書き(冗談じゃない、ちゃんと納付日期限前に払っていると文句の返事。全く、事務がずぼらなんだから、嫌になる)等

 

4.読了本
関ヶ原(中)司馬遼太郎

5. 冬来たり

20171201 099_R 20171211 112_R (↑参議院議長公邸前)20171201 103_R