本文&フジマキな日々(落語@鎌倉円覚寺佛日庵)

2018年07月09日

20180703 058_R

(↑鎌倉円覚寺)

(本文)付録「フジマキな日々」は下の方にあります。

 

1.231回週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

231回週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」は「日米の金利差と為替相場の行方」というタイトルで、以下のとおりです。
「(前略)
日米金利差が開くとドル高円安になるのは、日本国債より米国債に投資するほうか利回りかよいからと考えるとわかりやすい。だか、投資家は瞬時に動かない。ヘッジファンドなどがドル先物を買うのが主因だ。
今、横山大観の絵画が1億円で市場に放出されたとしよう。私はこの絵がぜひ欲しい。ただ、1年後しか資金を用意できず、『1年後なら、いくらで売る?』となじみの面商に聞く。画商は他の人に買われないよう、とりあえずこの絵を1億円で買い、美術館に1年間貸す。1年間で500万円の賃料が入れば、私に「9500万円です(画商の利益は除く)」と1年後の価格を提示する。この絵の1年後の先物価格だ。
日米の金利差は、この事例の絵の賃料にあたる。金利差が開くとは、賃料が例えば2千万円に上がること。1年後に8干万円で買えるから、希望者は増える。
もし1年後、絵の市場価値が1億円のままならば、私は8千万円で購入した絵を1億円で売って2千万円もうけられる。今、1年後にこの絵を買いたい人が増えれば、絵を買いたい画商も増える(為替では今日の売買(直物の買い増加)。競争相手か増えた結果、今日、この絵の値段は上がる(=直物のドル上昇)。
キャリートレード(安い金利のお金を借りて高金利通貨に投資する)という言葉がマスコミによく出るが、そのような取引をするのは、FXをする個人くらい。実際は先物のドルを買う人が増える。キャリートレードと同じ概念の動きだ。米金利差か広がるとドル高円女になる理由がご理解頂けただろうか?」

 

2.232回週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

232回週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」は「邦銀の減益、真因はマイナス金利に非ず」というタイトルで、以下のとおりです。
「(前略) 邦銀はそもそも稼ぐ力が弱いうえ、更に大幅減益となった。これは異次元緩和のせいだ。マイナス金利が原因との解説も散見するが、マイナス金利が始まったのは16年Z月。減益が始まったのはそれ以前だ。
日経斯聞の5月17日付朝刊「解読大手仮決算①」の記事はこう書いている。
《日銀の異次元緩和が始まる直前の2013年3月期と比較すると、(18年3月期の決算で業務純益が)三菱UFJ銀行は61%、三外住友銀は57%、みずほ銀行は32%まで低下した》
《みずほ銀行単体の業務純益はこの2年で半減し、3千億円を割り込んだ》
日銀当座預金は364兆5500億円(2月16日~3月15日の平均残高)。マイナス金利の適用は、うち6%の約22兆8千億円。悪化の原因はマイナス金利のはずかない。
日銀は異次元緩和で長期国食を爆買いし始めた(私が現役ディーラーのときはほぼ買っていなかった)。爆買いすれば、値段は上がる(=長期金利は下がる)。儲けの根幹の長短金利差が大幅に縮小しているから、銀行は儲けるのが難しい。
1970年代後半の米国では「S&L(貯蓄型金融機関)危機」から脱却するために、米連邦準備制度理事会(FRB)が長短金利差を拡大させた。日本では異次元緩和の名のもとに、逆のことをしている。邦銀はたまったものではない。
緩和終了の手段として語られる方法の一つ、準備預金率の引き上げも難しくなった。法定準備預金(日銀当預のうち義務的に積む額)は、準俑金以外の日銀当頂(引き締め時には金利上昇が予想される)と異なり、金利がつかない。ただでさえ経営が苦しいのに、利益を生まない資産が増えれば危機的だ。さ~、どうする日銀?危機の先送りでは、いずれ行き詰まる。」

 

3.「日銀券よりビットコイン」

2018年7月3日の日経新聞「「日銀券よりビットコイン」の書き出しは「日本の年金制度や財政が破綻し、今の日銀券が将来紙クズになる。だから仮想通貨の方が安全だという『ビットコイン教』が存在する」京都大学大学院の岩下直行教授は仮想通貨が若者に広まる背景をこう表現する」だ。
若者には(一部なのかもしれないが)年金や財政への危機感を持っているのだと思う。そしてそれがゆえに仮想通貨を選択しているのは個人的には正しいと思う。
同じ日の日経新聞の隣のページには「財政に足りぬ危機感」という特集があり、その中で、小林喜光経済同友会代表幹事は「日本人は国家への状況認識が足りない。政治、経済、文化、学術それぞれのリーダーの責任だ。30年、50年、100年という単位で国家を設計しないと、今の日本だと、いざとなったら国民は逃げだしてしまうのではないか。(中略)金利がこんなに低いのに、GDPの増加に対し2.5倍の債務が積み上がる国だ。もし金利が上がれば不幸な事態に陥る。日銀は450兆円もの国債を抱え込む。時間に余裕はない。1~2年で金利を上げざるを得ない状況がくるかもしれない。決して無視できない金融リスクだ」とおっしゃっている。私は『ビットコイン教』を信じる若者の感覚は鋭く正しいと思う。

4.対内直接投資に対する日米の考え方の差

7月6日の日経新聞「6月の米雇用21.3万人増 市場予測を上回る」記事の中に「トランプ大統領は『米国に雇用を取り戻す』を選挙公約に掲げ」「トランプ氏はツイッターなどで日米欧メーカーに『米国で生産しろ』と圧力を公然とかけた」という記述がある。また7月4日 日経済聞夕刊「日本企業、対米投資7割増」の中にも「雇用拡大をうたうトランプ大統領の掛け声で米が誘致攻勢を強めたのも」とある。人は「働く」か「金に稼いでもらう」しか生きる術はないのだから国籍に関係なく企業を呼びこむのは当たり前の話だ。それなのに日本政府は逆に企業の海外進出を後押しする政策ばかりで空洞化は無視。日本政府が外国企業の誘致攻勢など聞いたこともない。
識者は「企業は円高に対する耐性ができた」と喜ぶ。 正しい政策なのかいつも疑問に思う。日本企業が海外進出しても雇用は外国人にとられ、日本政府の税収はその企業の利益のたった5%でしかない。

 

5.主たる買い手がいなくなったなら?

7月5日の日経新聞に「不動産取引、外資が存在感」の記事が載っていた。万が一、外資が撤退した不動産価格は暴落すだろう。不動産市場はそのリスクは小さいだろうが、国債市場では大きい。日銀が異次元緩和の出口で手を引くからだ。現在は、国債市場で日銀が超存在感を示している。発行市場の60%をも購入しているのだ。昔は日銀は国債なぞ買っていなかった。日銀が異次元緩和を辞めたら価格暴落(=長期金利急騰)し、政府は支払金利増で予算なぞ組めなくなる。

 

6.2017年度の税収はバブル期並み。それで?

2017年度の税収は58.8兆円でバブル期並みだそうだ。逆の言い方をすれば、あの狂乱経済と言われたバブル期なみ経済でも約60兆円の税収しか上がらない(もっとも消費税率は3%だった)ということ。それなのに昨今は毎年100兆円を超える歳出だ。財政再建は夢の又夢。それなのに想定以上の税収なので歳出圧力が出そうだとか?何考えているのだか?

 

7.日銀は財政法第5条で禁止されている財政ファイナンスを実質している

7月4日の日経新聞「10年債入札、順調に」の記事によると「財務省が国債の決済期間を短縮したため、3日入札で発行された10年国債は4日のオペで買い入れ対象になる」そうだ。なんと財務省から民間銀行や証券会社が入札で手に入れた国債はその翌日、日銀に買われていく。まさに財政法第5条で禁止されている引き受け(=財政ファイナンス)そのものだ。
1980年代前半、私は邦銀LDN支店にいた。当時、国内外市場分離政策のせいで、邦銀はユーロ円債の発売日に発行者から直接購入をしてはいけなかった。そこで我々は外国銀行に、数日後の買い取り価格を約束し代わりに発行者から購入してもらっていた。購入約束をしながら、規制回避のインチキ(=事実上発売日購入)じゃないかと後ろめたかった。それと同じことを日銀と政府がしている(1日だけ民間銀行や証券に持たせて翌日日銀に引渡し)。こちらは規制回避ではなくて法律(財政法第5条 引き受け禁止)違反だと思う。

 

8.企業の4割、日銀が大株主 

6月27日の日経新聞によると「日銀が東京ドーム、サッポロホールディングス等5社で実質的な筆頭株主」だそうだ。じきに1万円札の図柄は福沢諭吉の代わりに巨人軍、1000円札は野口英世のかわりにサッポロビールに変えるつもりか?日銀は国民から預金を集めて国債や株を買っているのではなく新しい紙幣を刷って(=実際には日銀当座預金を増やして)買いまくっている。新しい紙幣を刷りまくっている円の信認がいつまでも持つものなのか?

 

(付録)フジマキな日々

 

1.「ビットコイン教」「円安教」

京都大学大学院の岩下直行教授によると「日本の年金制度や財政が破綻し、今の日銀券が将来紙クズになる。だから仮想通貨の方が安全だという『ビットコイン教』が存在する」そうだ。財政に危機感を訴え、仮想通貨は将来性ありと説く私は教祖の一人かもしれない。少し前までは「円安教」の教祖といわれていたが(今も円安が進むと強く思っている)
「信じる者は救われる」がいいと思っている。「信じる者は足を掬(すく)われる」とはならないことを信じる(苦笑い)。

 

2.落語づけ

20180703 066_R7月1日(日)は林家木久扇師匠、木久蔵師匠、コタ君親子3代落語会を鎌倉円覚寺佛日庵で聞き、その後打ち上げ。
(伊勢丹のカリスマバイヤーと呼ばれ福助社長も務めた)故弟・幸夫と木久蔵師匠、そして鎌倉円覚寺のご住職とが非常に仲が良かったおかげで私どもも木久蔵師匠、ご住職とのお付き合いが始まった。
円覚寺佛日庵は開基北条時宗公を祀る塔頭寺院。ここで落語会が開かれた。20180703 095_Rご住職は仏壇の前にご住職の祖父母、お父上と共に弟・幸夫の写真を安置してくださっていた。私がお邪魔するので、この日だけ安置してくださったのかと思ったら、「いえ、ず~っとです」とのこと。感激!20180703 071_R
20180703 073_R幸夫のお葬式は増上寺で行われたが、ご住職は幸夫が亡くなった時から、お通夜、お葬式と、幸夫のそばにずっと付き添ってくださっていた。本当に仲が良かったのだ。20180703 103_R 20180703 111_R

 

その3日後の3日は林家木久蔵師匠&林家正蔵師匠2人落語会+打ち上げ@池袋 養老乃瀧‘18:00-22:00)

(↓一番右が木久蔵師匠)20180709 002_R
打ち上げ後木久蔵さん&元オフコースの鈴木さん達と広尾のバーへ(22:30-24:30)

(↓右が木久蔵師匠、一番左が元オフコースの鈴木さん)20180709 014_R元オフコースの鈴木さんは小田和正さん同様、神奈川の聖光学院で長男けんたの先輩だ。まだ聖光学院が進学校として名を上げる前に東工大に進学した秀才。木久蔵師匠の落語会でしょっちゅうお会いするが、おっとりとした温和な方で頭の鋭さはおくびにも出さない。私なぞ理科系進学と聞いただけで尊敬してしまう。今でも音楽活動をされている。

 

3.伊藤雅俊名誉会長主催勉強会(6月20日)

セブン&アイ・ホールディングの伊藤雅俊名誉会長が3~4か月ごとに開いてくださる勉強会に6月20日参加。毎回次男伊藤順郎さん(取締常務執行役員)を含め決まった顔の8人の論客が議論し名誉会長がメモを取られる。議論白熱で極めて楽しい会。今回の主役はコインチェック社を買収したマネックス証券の創業者松本大社長。彼がなぜコインチェック社を買ったのか?仮想通貨を軸に世界に雄飛する戦略を練っているとの話等を聞いた。彼は最近英語の力が伸びてきたという。証券業でいる限りセキュリテーは日本の一流人と話せばよい、しかし仮想通貨となると世界トップから話を聞く必要があるからだという。
松本氏とは昔からの友人だがしっかりした考えを持っているとずっと思っている。仮想通貨の時代が来ると思っているのも私と同じ。仮想通貨税制については私が今後も国会でしっかりと追及していくことを約束。20180629 025_R

(↓マネックス証券の創業者松本大社長と)

20180629 029_R

 

4.大盛さん新築宅訪問(6月24日)

6月24日(日)は大阪で日本維新の会の常任役員会に出てから、急いで東京に戻った。大盛さんの新築のお宅にお呼ばれしていたからだ。大盛さんご夫婦とは天テニスを通じて仲良くなった。大盛さんご夫婦はご主人が三菱商事勤務の時、長くニューカレドニアに転勤(ニッケル)していたせいか欧州系の洗練されたセンスのいい家具が多かった。天井が高く吹き抜けもあり、ソファーで、くつろいでいるとヨーロッパにある日本人駐在員宅におじゃましているような錯覚に陥る。奥様の手の込んだ手作りの食事も堪能させて頂いた。
ちなみに奥様はスジャータめいらく創業家のご長女。ご主人は今は三菱商事を辞めて、スジャータの幹部。そこで「大阪の帰りの新幹線の中では、ちゃんとスジャータのアイスクリームを車内販売で買って食べました」とご報告した(笑)20180629 184_R

 

20180629 188_R

 

5.阿波踊りでの「藤巻幸夫連」

徳島市の阿波踊り(8月12~15日)を主催する「阿波おどり実行委員会」が「前夜祭」に、一部の有名連(踊り手のグループ)を出演させないことを決めたとのニュースが流れていた。有名連ではないが、元「伊勢丹のカリスマバイヤー・福助の元」社長だった弟・故幸夫の死後、「藤巻幸夫連」というのが出来て、毎年約100人ほどの方が幸夫のお面を被って踊っていると聞いた。4年たった今、まだ続いているのだろうか?いつかは参加したいと思っていたがーー。

 

6.藤巻たけしの3週間
6月20日(水)
11:30-12:00 日本維新の会 議員総会
17:00-18:00 日本維新の会 総務部会長政策勉強会20180629 004_R
18:30-210:00 セブン・アンド・アイ・ホールディングス伊藤名誉会長主催
勉強会@ニューオータニ藍泉20180629 022_R

6月21日(木)
11:00-11:45 倫選部会長ヒアリング「参議院議員選挙制度に関する公
職選挙法改正案」20180629 033_R
11:30-12:00 下地先生 meeting
16:00-17:00   千葉維新の会 面接

6月22日(金)
終日25日の予算委員会の質問つくり並びにパネル作り
帰宅後、次男ヒロシと親戚同様の付き合いをしている石村家の拓郎君主催のBBQ。ヒロシが重さ80gのトイドローン(200g以上は航空法の厳しい規定がある)を買ってきてお披露目。性能が素晴らしく、「すごいね、日本の技術はすごね」と言ったら、ヒロシ答えて曰く「中国製!」20180629 062_R (↓ドローンで写真を撮っている私を写す)20180629 055_R (↓ヒロシと石村拓郎君)20180629 083_R 20180629 071_R (↓石村家の長女よりちゃんの長男、けんしん君)20180629 065_R 20180629 067_R (夕焼け空が綺麗だった)20180629 081_R

6月24日(日)
15:00-16:00  日本維新の会 常任役員会@大阪本部
19:30-22:30  大盛さん宅 訪問@奥沢20180629 193_R  20180629 186_R

6月25日(月)
12:55-16:25  参議院予算委員会(NHKTV入り)
(15;42-16:00  藤巻健史質問) 20180629 198_R 20180629 208_R 20180629 210_R 20180629 222_R

6月26日(火)
8:15-9:15  日本維新の会政調役員会
14:30-14:45 受動喫煙防止法法案提出20180629 241_R
16:30-18:00 日本維新の会政調主催支部長勉強会20180629 245_R
18:30―21:00 日本維新の会政調主催支部長懇親会@ふくの鳥20180629 251_R20180629 254_R

6月27日(水)
9:45-10:00 日本維新の会 議員総会  20180629 261_R
10:00-12:00 参議院 本会議
15:00-16:00 古市歯科医
18:00-21:00 雙葉幼稚園ミニ同窓会20180629 268_R20180629 264_R

(↑左から時計回りでしまちゃん、たけしちゃん、じゅんちゃん、つねこちゃん、しんきち、やすよちゃん)

6月28日(木)
17:30-18:30 東京維新の会 新橋街宣20180629 294_R 20180629 280_R

6月29日(金)
9:45-10:00 日本維新の会 議員総会
10:00-11:45 参議院 本会議
19:00-22:30  日本酒を味わう会@新橋京矢20180703 001_R(↓京矢の女将さんと)20180703 004_R  20180703 002_R

7月1日(日)
13:00-19:45  林家木久扇師匠、木久蔵師匠、コタ君親子3代落語会@鎌倉円覚寺佛日庵+打ち上げ。

(↓木久蔵師匠の中学時代の一年後輩高橋テーラーの高橋夫婦と)20180703 012_R 20180703 083_R   20180703 092_R  20180703 112_R20180703 114_R (↑木久扇師匠と↓木久蔵師匠と)20180703 139_R  20180703 124_R 20180703 141_R
21:30-23:00 親戚宅にて打ち合わせ プライベートな仕事に関して。

7月3日(火)
8:30-9:30   日本維新の会 政調役員会
14:15-15-15 日本維新の会 政務調査会担当者と打ち合わせ
18:00-22:00 林家木久蔵師匠&林家正蔵師匠2人落語会+打ち上げ@池袋 養
老乃瀧20180709 009_R (↓林家正蔵師匠の息子の林家たま平さんと(二つ目))20180709 006_R
日曜日に続いて木久蔵師匠の落語を又聞いた。
22:30-24:30 木久蔵さん&元オフコースの鈴木さん達と広尾のバーへ。

(議員の周りにはこんなに噺家がいるんだから話し方習えばいいのに・・・By秘書アベ)

7月4日(水)
9:45-10:00 日本維新の会 議員総会
10:00-11:45 参議院 本会議
13:00-13:50 浅田先生打ち合わせ
16:30-17:00 下地先生打ち合わせ

7月5日(木)
13:30-14:30 日本維新の会 経済PT・介護年金PT全議員総会20180709 029_R20180709 033_R
16:30-17:00 倫理選挙部会長ヒアリング

7月6日(金)
9:50-10:00 日本維新の会 議員総会
10:00-12:30 参議院 本会議

 

7.読了本 

・「霜の朝」(藤沢周平』  明らかに再読。それもかなり最近だと思う。読んでいて、「あ、この話、つい最近読んだな」と気づくからだ。物忘れの激しい私が覚えているのだからつい最近読んだに違いない。
・「初しぐれ」(北原亜以子)