本文&フジマキな日々(本年もよろしくお願い申し上げます。)

2019年01月11日

IMG_2755_R

(↑白木蓮のつぼみ 昨年倒木したのでバッサリと枝を切った)

(本文)付録「フジマキな日々」は下の方にあります。図 2019

 

1.1ドル=104・87円と最後の輝きの後、ポタっと落ちる線香花火?

もし1月3日の早朝のドル円の1ドル=104・87円が日本経済の矛盾を象徴(=景気が悪いのに円だけ対ドルで上昇)するものなら、線香花火のように最後にパッと輝いてポタッと落ちる(=円暴落)のかもしれない。そうだとしたら「財政危機を異次元緩和で飛ばし(=危機の先送り)てきたツケである。

 

2.12月31日の日経新聞「核心」「平成財政の失敗史に思う」

財政審委員として平成最後の建議にかかわった土居丈朗慶応大教授は「解決の糸口は『財政運営に何らかの重大な支障が生じるショック療法か、財政再建を信奉するトップダウンの政治家が政権を担う』ことにあると思い至るようになった」そうだ。私は、個人的にこの政治家の役割を強烈なリーダーシップを持つ橋下徹さんに期待していたのだが、政府・日銀は、異次元緩和という日本得意の飛ばしで、危機を先送りした結果、残念ながら財政赤字が巨大になりすぎた。結果として「政府言いなり「紙幣印刷所」に成り下がった日銀を廃し、新しい中央銀行を創設するというショック療法しか出口はないだろうと思う。残念だ。

 

3.言論プラットフォーム・アゴラ

言論プラットフォーム・アゴラに年末、年始に何本か文章を載せていただきました。
① GAFAとの格差対策、日本の切り札は仮想通貨だ(注:GAFAとはグーグル、アップル、fr-スブック、アマゾンです)
http://agora-web.jp/archives/2036284.html

② 世界規模の株価下落、万が一このまま続いたらどうなる?
http://agora-web.jp/archives/2036366.html

③ NY外為ドル指数上昇:米経済大復活、日本経済轟沈?
http://agora-web.jp/archives/2036507.html

④ 大発会下落:財政破綻先送りのための異次元緩和の限界
http://agora-web.jp/archives/2036530.html

⑤ 目下好調の米経済、日本のバブルの轍を踏むのか
http://agora-web.jp/archives/2036542.html

 

4.ドローンから知る規制大国・日本

1月3日、NHKで「北アルウス大縦断」という番組をやっていた。ドローンによって私たちは素晴らしい景色を堪能できるようになった。そこで思うのは「昨夏出かけたオーストラリアでは郊外ではほとんど無許可でドローンを飛ばせる。一方、日本では郊外のほとんどで許可を得ないと飛ばせない。」。規制大国日本が経済発展できない象徴かtと思う。

 

5.「やりたいこと 海外なら実現」

私のJPモルガン時代の部下の外国人はほぼ全員が「日本は世界最大の社会主義国家だ」と言って任務を終え帰国していった。日本で生活したうえでの実感だ。12月31日朝日新聞1面トップ「やりたいこと 海外なら実現」はそれをよく表している。日本は働いても働かなくても収入はそうは変わらない。成功してもしなくても報酬に大きな差は生じない格差は所得の低い人を引き上げることによって解消すべきなのに所得が高い人を引き釣り下げることで解消しようとしている。だから日本には夢がない。年末「おくりたま」(岩井三四ニ)を読んだが、なかに「浅井家を再興なさるとならば夢を持てまする。何がなくとも人は夢さえあれば生きてゆけるものじゃ」とある。まさにそうなのだ。今の日本には夢がない。若者がこの国を見捨てていくとしたら日本に未来はない。政治家が一番気にしなくてはならない記事だ。
ちなみに私が早稲田の大学院商学研究科で教えていたころ、私のクラスは約30人で半分が外国人、その半分が中国人だったが、この記事によると今や今年の1年生83人のうち63人が中国人留学生だとのこと。複雑な思いがある。

 

6「ユーロ20年、冷えた熱狂」

ユーロ発足当時、中学生の長男けんたに「お父さんは共通通貨制度・ユーロは長く持たないと言うけど、夕張と東京も円という共通通貨を使っているではないの。それでも共通通貨・円が長くは持たないと言わないのはなぜ?」と聞かれたことがある。「夕張の赤字は東京の人の税収でなんとかする。だから国が持つし夕張も生き残れる。ギリシャの赤字をドイツ人の税金で賄うことをドイツ人がOKすれば大丈夫だがそうでなければだめ。すなわち財政を一つにするか一つの国にならなければ共通通貨ユーロは難しい」と答えたものだ。

 

7.株の上げ幅

我が家に配達された夕刊では「NY株上げ過去最高」との題だった。上げ幅を絶対値で表現するのは、市場にいたものとして抵抗感がある。印象操作に思えてしまう。新聞も株価が上昇して景気が良くならないと広告収入減るからな~。上昇率で見るべし。
と思っていたら、後で、ちゃんと“幅”を挿入し修正してきた日経新聞はさすが見識がある。
$20,000を株式投資している人はNYダウが現在のように$20,000なら、史上最高の$1,000ドル上昇しても$1,000の利益にしかならないが、NYダウが昔のように$2,000ドルと低い時ならば500ドルの上昇でも$5,000もの利益なのだ。
絶対値評価だと、昨日の日経は750円upだがNYダウは$260upすなわち約29,000円UPだからNYダウの上げ幅のほうが大きいことになってしまう。
昔、TVの経済番組に出演した時、キャスターが(上記の例でいうと)「昨日の日経は750円上昇なのにNYダウは$260も上昇、NYダウは力強いですね」と言っているので目を白黒させてことがある。

 

8.ゆうちょ膨張 

ゆうちょ銀行の預金受け入れ額を1300万円から2600万円に倍増させるそうだ。
かって総資産の88%を国債で運用していたゆうちょ銀行は、異次元緩和を幸いに保有国債を日銀に売りつけ、現在、保有額を約3割にまで落とした。国債の最大保有者としての地位を日銀に譲り渡し政府の財政危機から被る倒産を回避したのだ。そのゆうちょ銀行に預金が集まっても、それをどう運用するのか?運用難で苦しみ地銀並みに経営は悪化するだろう。民営化のためにゆうちょ銀行を傘下に持つ郵政が株を売り出しも、そんな株を買う人なぞ出てこない。意図的か意図せざる決定かはいざ知らず、郵政民営化反対派の絶妙な政策だ。

 

9、官邸賃上げ要請

春闘に介入など日本はますます社会主義化(計画経済化)していく。政府がなすべきは景気を良くし労働需要を増やすこと。直接対内投資を増やして外国企業を呼び込むこと、海外進出した日本企業を日本に呼び戻すこと。この点に関してはトランプ大統領が米系企業、外国企業とも米国内に呼び戻して雇用を増やそうとしている政策は正しい。
現在の日本の人手不足は単純労働者に限ってのことだ。ホワイトカラーは人余りだから賃金など上がるわけがない。賃金は他のモノやサービスと同じで根本的には需要で決まる。労働需要が増えれば賃金は上がる。それなのに外国人受入増で労働供給を増やしている。春闘で労働者の味方のふりをし、外国人受入で経営者の味方。のふりをする。日本人労働者の労賃を(労働者のために)上げたいの?)経営者のために)下げたいの?八方美人で経済政策がバラバラ。

 

10.米、強いインフレ圧力も

12月24日の日経新聞に「米、強いインフレ圧力も」という記事があった。
「現在も労働市場は逼迫し、賃金上昇圧力は強い。(中国との)貿易問題と労働需給という2つの経路を通じて、米国に強いインフレ圧力がかかるだろう」
これに同意。ましてやFRBの長期国債爆買いが終わってその効果がはげるので米長期金利は再度上昇に向かうと思っている。

 

 

(付録)フジマキな日々

 

1「村会信五君とケイザイ君」

今週土曜(1月12日)9:00-10:00放送のラジオ(文化放送)の「村上信五君とケイザイ君」に出演です。1時間弱「日銀破綻」に沿って、詳しくそしてやさしく日本経済・金融政策についてお話いたします。よろしくお願いいたします。
聞き手の村上信五さんはご存知、関ジャニ∞のメンバーのアイドルで若者には絶大な人気のある方です

村上くんむらかみくん 議員

 

2.秋、冬それとも春?

(↓庭の白木蓮)IMG_2751_R

IMG_2761_R (↑瀬戸内海で買って植えたレモンがこんなに大きくなった!)

(↓あいかわらずの、エッ、冬に紅葉?・自宅書斎前)IMG_2757_R

IMG_3427_RIMG_3430_R

(↑(1/11)地下鉄永田町駅から議員会館への道。掃除の方が銀杏の葉を掃除していた。もう一月なのに)

 

3.田園調布の三井住友銀行

テニス仲間のMさんからメールが来た。
「今日、田園調布三井住友銀行に行ったら藤巻さんの「日銀破綻」(幻冬舎)が店頭待合室に置いて有りました、なんでこんな本が置いてあるの?と聞いたら、何も言わないので、暇潰しの為かと聞いたらウンウンと頷いてました」
「さっすが~、三井住友!!!」と返事したらTさんから「やっぱり ダメだ〜〜 三井住友(笑い)」と、まぜっかえしが来た。
でもやっぱりさすが、三井住友です。ありがとうございます。田園調布のお金持ち層はやはり日本の財政を懸念しているんでしょうね~。

 

4.藤巻たけしの年末・年始

12月23日 天皇誕生日 皇居へ 

IMG_2679_R  IMG_2697_R IMG_2706_R  IMG_2725_R

(↑待機している各国外交官の車)

 

12月26日 小泉和弘さん指揮東京都響 ベートーベン第九IMG_2739_R

すばらしい演奏だった。団員たち自身が今日のCDを欲しいとのこと。すべてがパーフェクトでマエストロ自身がすごく満足していらっしゃった。
(↓楽屋でマエストロと)IMG_2742_R
(↓楽屋前でもう一人の小泉さん(発酵学者・日経新聞で読むだけでよだれが出てくる文章を書いていらっしゃるのでご存知の方も多いだろう)と)IMG_2741_R
その後、鈴与代表取締役の鈴木与平さんご夫婦と小泉和弘マエストロ夫婦と食事@全日空ホテル中華IMG_2746_R(↑左から時計周りでマエストロ、鈴与の鈴木与平会長、アヤコ、鈴木夫人(ソムリエ)マエストロ夫人、私)

 

1月1日 新年祝賀の儀@皇居  IMG_2778_R IMG_2783_R IMG_2788_R   IMG_2802_R IMG_2806_R IMG_2839_R        

  (↓我が家のプーゲンスの周りで日向ぼっこの野良ネコたち)IMG_2895_R IMG_2898_R

IMG_2866_R

(↑自宅から 真っ青な空)

 

1月3日 箱根駅伝応援

アヤコの出身校・青山学院を鵜沢ゼミのメンバーと一緒に芝のザ セレスティン・ホテル前で応援。毎年恒例の行事。鵜沢先生は一橋大卒で青山学院の学長を務められた先生。いつもゼミの同窓会に綾子と一緒に出ていらっしゃいと私を誘ってくださる。去年は伴走車に乗った原監督が笑顔で私たちにも手を振ってくれたが、今年は苦虫の原監督が印象的。
東海のOB の人が優勝がうれしくて号泣していた。どういうわけか私たちのグループ写真に入っている。??? ま、いいか。IMG_2873_R IMG_2877_R(↑先頭を走る東海大学の選手・↓2位になった青山学院の選手) IMG_2879_R IMG_2892_R

(↑青山学院鵜沢ゼミのメンバー&藤巻)

1月7日~1月9日  会合+リラックスの仕事半分&旅行半分で鹿児島妙見温泉&奄美大島IMG_2901_R  IMG_2913_R IMG_2918_R IMG_2942_R (↑↓部屋風呂)IMG_2943_R

IMG_2947_R (↑自噴泉(もったいなーい!))

(↓部屋風呂 温泉濃そう)IMG_3184_R

(↓下4枚は川沿い露天)IMG_3214_RIMG_3207_R IMG_3010_R IMG_3015_R IMG_3099_R IMG_3102_R(↓田中一村美術館)  IMG_3234_R IMG_3237_R IMG_3239_R (↓外観にも田中一村の世界が広がる)IMG_3246_R IMG_3248_R  IMG_3284_R IMG_3287_R (↓露天)IMG_3292_R 

(↓田中一村バリ)IMG_3334_R  (↓車海老養殖場) IMG_3368_R IMG_3373_R (↓田中一村が亡くなるまで(独身のため)一人で住んでいた家・芸術家の芸術に対する執念を感じる・)IMG_3378_R IMG_3383_R IMG_3400_R (昔の奄美大島のおじいさん:奄美大島パーク)IMG_3413_R

 

1月10日(木
10:30-11:30 辻建設からのご挨拶(右端から2番目・私の隣が辻社長)辻建設は富山の名門建設会社・20年来いろいろ建てていただいている。偶然だが我が中学・高校(東京教育大附属・現筑波大附属)の同窓会感をも建てた会社)IMG_3417_R

12:30-14:30 文化放送「村上信五君と経済君」収録

http://www.joqr.co.jp/murakami/IMG_3421_R

16:30-  自宅PCメンテナンス@自宅

読了本
一所懸命(岩井三四ニ)
おくりたま(岩井三四ニ)
逆続の旗 (藤沢周平)