年金の持続性

2019年08月21日

GPIF が過去3カ月の間に株式と債券、為替ポジションで損失を出したようだ。財政検証が来週出て、年金が臨時国会で大きな論点になるだろうから政府にとって実にタイミングが悪い。積立金が運用で充分に積み上がらなければ(少額積み上がるだけではダメ)年金など持続しない。経済が拡大していなければ公的機関もそれに乗っていればいいだけだが、景気低迷(日本は世界ダントツのビリ成長)してくれば儲ける能力のない公的機関に任せていては年金など持続不能。

年金の持続性確保には、日本経済が世界ダントツのビリ成長から脱出するしか方法はない。低迷経済期には積み立て方式で(公に任せるのではなく)個人が運用を判断するNISAを拡充すること。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-20/PWK2VN6KLVR501?srnd=cojp-v2