10月16日プロパガンダ(臨時版)

2019年11月02日

ハワイより帰国

この1週間強、ハワイに行っていたが台風の影響で帰国便が欠航。被災された方たちに比べれば、たいしたことではないが、それでも散々な目にあった。代替便を探そうにも電話はつながらず、WEBで見ると最初は6日後の便しか空きがなく参った。シアトル経由で帰国しようかとも検討した。結局、臨時便が大量に出て1日遅れで帰国できた。最後の2日間はもう滅茶苦茶。休暇のみだったら「最悪の旅行」と頭にきただろうが、仕事が主だったから仕方ないか~。 

円は割安か割高か?

「円の理論値、1ドル108円台  理論値に比べて割安」との記載が本日の日経1面にあったが、円は割安どころか超割高だ。理由は簡単。この優秀な民族の国が40年間世界でダントツのビリ成長だからだ。なにか根本的なシステムミスがあるはず。それは円高だ。割高か割安かは比べる時により180度変わる。1972年の1ドル=360円時代と比べてみよ!超円高だ。https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50986920V11C19A0MM8000/

 日銀は大丈夫か?

本日の参議院予算委員会で日本維新の会の浅田政調会長の「景気が良くなり日銀当座預金の金利を引き上げると日銀は損をしないか?」との質問に対し、黒田総裁は、あいかわらず「長期金利も上がるから大丈夫」と答弁した。ごまかしのさいたるもの。異次元緩和を開始してから日銀は長期国債の爆買いを始めた。今、保有国債の大半は長期債。長期債は固定金利だから満期が来るまでは日銀の受け取り収入は増えない。総裁がぽろりと言っていたが平均残存年数は7年から8年。支払い金利の方は即日上がる。日銀が債務超過(=民間では破産状態)状態で7年も8年も持つのか?そんな中央銀行の発行する通貨を世界中の人は信用せず受け取らない。円大暴落で長期金利暴騰。ハイパーインフレ。

 「訪日客急増の理由」

先週の週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」は「訪日の理由は『安いから』 世界に取り残され日本の弱体化が顕著に」というタイトルで朝日新聞出版社のホームページで全文、無料で読めます。https://dot.asahi.com/wa/2019100900050.html