(臨時版・付録のみ)歌舞伎

2019年12月08日

昨日・本日と歌舞伎の日々。昨日は私が後援会長を務める坂東新悟さんの誕生パーティー。本日は家内と勝丸夫婦、米山夫婦と新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」鑑賞。終了5分前に機材故障とのアナウンスで突然終了。こんなこと初めてだと思っ …続きを読む →

(臨時版)米雇用統計、補正予算は無責任他

2019年12月07日

1.経済対策26兆円は規模ありき  財政がこれだけ悪いにこの規模の対策が出るなど。孫や子のことを全く考えない無責任体制。いや、これほど過激だと孫・子の代まで待たずにハイパーインフレという大増税で我々世代が責任を取るのかも …続きを読む →

(臨時版)社外取締役、日銀「量」再拡大???

2019年12月05日

社外取締役、問われる成果 M&Aや不祥事調査も (株主資本主義の代表である)米企業において、社内だろうと社外であろうが取締役は「株主の代表」だ。株のオプションや現物をそれなりに与えられているか持っているからメンタ …続きを読む →

(臨時版)銀行収益悪化は異次元緩和のせい

2019年12月04日

年功賃金「再検討を」 経団連、春季交渉へ指針案 経団連は「年功序列で画一的な待遇が、AIやデータ分析にたけた優秀な若年層や海外人材の獲得を難しくしている現状を指摘。優秀な人材が海外に流出しかねないと懸念を示す」と指摘して …続きを読む →

(臨時版)日銀が破綻しお金が、“紙くず”に?

2019年12月03日

1.「日銀が破綻しお金が、“紙くず”に?危機が来ても生き延びる方法は」 先週で週刊朝日の連載は終了しましたが、本日発売号では特別編として、同じく「アベノミクス」の問題を一貫して訴えてきた朝日新聞の原編集委員と4ページに渡 …続きを読む →

(通常版)週刊朝日連載最終回・伊良部島

2019年12月01日

                                   (本文)付録は下のほうにあります。 1.私が「日銀が危ない」という理由 11月12日発売の週刊朝日の「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」は「旧ソ連と同じ …続きを読む →

(臨時版)週刊朝日最終回。今回のプロパガンダの記事3は今の日銀がいかに危険かを示す重要記事だと思います。

2019年11月30日

1.週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」最終回 8年間連載された週刊朝日「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」が今週火曜日発売号をもって終了いたしました。最終回は「伝説のディーラーフジマキが最後に言いたいこと『日本は必 …続きを読む →

(臨時版)地銀にさらなる難儀? ドル円のいくえ他

2019年11月27日

1.ドル円小動きの1年 投機筋の円買いを貿易収支の黒字幅縮小が相殺しているとのこと。もし日本が双子の赤字に陥ち至った場合。学問的には円の大幅下落か長期金利の大幅上昇か、またはその両方が起こる。そうなれば蓄積されていた膿が …続きを読む →

(臨時版)財政大丈夫?

2019年11月26日

消費税10%「一里塚」 財政審、歳出改革も促す それでも真水10兆円もの補正予算を組むのか?国会にいたとき、こんなに財政悪化の時に、作る必要あるの?と思う法律がどんどん出てきた(特に議員立法)。法律が出来れば必ず予算が組 …続きを読む →

(臨時版)IMFが副作用を懸念

2019年11月25日

異次元緩和(=10年債をはじめとする長期債の爆買い)の副作用をIMFも気にし始めたということ。このようなニュースに刺激されて格付け会社が、日本国債の格付けを下げると国債暴落、日本売りの可能性も。ただ「日銀は10年より短い …続きを読む →